あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

運動療法関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)

概要

状態にあった適度な運動を行うことで、関節の動かせる範囲を保ち、筋力の低下を防ぎます。

他の治療法に比べての優位性

運動をすることで関節に栄養が行き届き、痛んだ関節を修復させることができます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

回帰性リウマチは痛みはあるものの、数日間で症状が治まる状態なので、投薬無しでいる。
症状は重くなく費用がかかる治療法や薬品は避けたかったから。また運動不足を感じていたため。
まずは一番手軽にはじめられる方法をということで、運動療法から開始することを決めた。

留意すべきこと

負荷のかけすぎは逆に関節の破壊を進行させてしまうので、適切な運動をこころがけましょう。また継続した運動が大切です。

実際に感じた効果

治療法について、何も受けていない。症状に対して、痛みをがまするのみ。よって影響を受けた治療法も無い。
診断を受けてから、運動不足解消および柔軟性を高めるため毎日のストレッチを開始。定期健診での改善は見られないが、悪化しているわけでもないため、費用がかからず続けれらる治療法を現在も継続実施。
運動療法を実践することによって、それまで感じていた間接の痛みなどの症状が徐々に和らいでいくのを感じることができた。

実際に感じた副作用

いまの状況は長いが、投薬を受けていないので、副作用は無い。
副作用はないため。症状はないし、期間もない。
運動療法だったので大きな副作用の経験はなかった。

費用

決められた費用はありません。

実際にかかった費用

0円
0円
運動療法なので診察代程度

一般的な所要時間

日々の生活の中で実施します。

適用される患者

全ての関節リウマチの方

症状が頸椎に及んでおり、亜脱臼をおこしている方は適応をさけましょう。

更新日:2015年07月07日

参照元:(関節リウマチ診療ガイドライン2014日本リウマチ学会http://www.ryumachi-jp.com/guideline.html(閲覧日:2015年7月6日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

運動療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす