あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節固定術関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)

概要

壊れた関節をひとつの骨のように固定し、安定させることで痛みをとる手術です。

他の治療法に比べての優位性

動かなくても生活に支障のないような関節であれば、関節の変形や痛みを防ぐのによい方法です。固定をすることで痛みがやわらぎます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

小さかったので、親の判断もあったのかと思います 判断も出来ない年頃でした

留意すべきこと

関節の動きが制限されるため、日常生活に不便が生じたり自助具が必要になることもあります。

実際に感じた効果

リハビリで歩く練習をしたのは、最初はとても辛かったのを覚えてます いままで普通にしていたことが出来なくなっていたのが辛かった

実際に感じた副作用

鎮痛剤ばかりでしたが、副作用と言えるものはなかったと思います

費用

30,000円程度

(3割負担の保険適用時)

一般的な所要時間

治療期間:手術自体は日帰りが可能です。
その後、抜糸まで2週間、骨の固定まで3~12ヶ月かかります。

適用される患者

頸椎が変形して神経を圧迫する危険がある方や、手足の支える力が落ちている方

感染症にかかっている方や、あまりにも進行が進んでいる方は適応をさける場合があります。

更新日:2017年01月06日

参照元:(関節リウマチ診療ガイドライン2014日本リウマチ学会http://www.ryumachi-jp.com/guideline.html(閲覧日:2015年7月6日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。