あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

作業療法関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)

概要

編み物や手芸など、手先を動かすことで手や指の機能の向上や、症状の予防を行います。

他の治療法に比べての優位性

楽しみながら訓練を行うことができ、趣味や生きがいになったり同じ趣味の仲間をみつけらることもあります。

実際に治療を受けた方が選択した理由

規則正しい生活が送れるようになったが、まだ疲れが出やすく、帰ったら夕飯の時間まで寝てしまうことが多いが、以前よりはマシな方になったと思います。

留意すべきこと

指に負担がかかりすぎる手芸などもあるので、注意が必要です。

実際に感じた効果

高野山にお参りに行った時にワンちゃんと出会い、普段犬が苦手なのですが、不思議なことに自然と近づけて触ることができた時に、ワンちゃんが元気を与えてくれたのか、それまで足を引きずりながら歩いていたのに、痛みが軽くなった気がしました。 それが一番印象に残っていることです。

実際に感じた副作用

リウマチか精神の方かはわかりませんが、疲れた時に口や手が痺れることがあります。 リウマチの先生曰く、あまりくよくよ考えるといけないそうです。 現在もリウマチの痛みはあります。

費用

決められた費用はありません。

実際にかかった費用

一般的な所要時間

日々の生活の中で実施します。

適用される患者

症状が進行してない方

更新日:2015年07月07日

参照元:(関節リウマチ診療ガイドライン2014日本リウマチ学会http://www.ryumachi-jp.com/guideline.html(閲覧日:2015年7月6日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。