あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

物理療法(理学療法)関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)

概要

筋肉をほぐし血流をよくする温熱療法、炎症をおこした部位を局所的に治療する寒冷療法、温熱作用や組織修復作用のある光線療法、温水に浸かる水治療、マッサージなどがあります。

他の治療法に比べての優位性

運動療法と併用することで、痛みや腫れの軽減に効果的です。

実際に治療を受けた方が選択した理由

薬の処方もされたが筋肉の量が少ないと説明されたので病院でのリハビリが主だった。

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

近くにあるかかりつけの医師に診てもらうのは、安心もできるし、とても利用しやすいと思いました。

留意すべきこと

炎症をおこしている時は寒冷して炎症を抑え、収まったら温めるというように、本人の状況に適した対処法を行うことが大切です。

実際に感じた効果

痛みはあったものの前よりはそれほど痛みはなくなった。立ったり座ったりという行動は今もつらいと言ってる。現在も生活に支障をきたしている。

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

初めて「リウマチ」と診断された時には、治らない病気と知り、一時的に心が細くなっていた時期がありました。 ですが、丁寧な治療を受けたことによって進行も抑えられています。これからも安心して治療を受けていきたいです。

実際に感じた副作用

痛みがない部分の靴擦れや腫れなどはあったが、それほどひどいものではなかった。

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

とくにありませんでした。

費用

決められた費用はありません。

実際にかかった費用

15000円

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

入院:13万円くらい 薬剤:4千円くらい(1ヶ月分)

一般的な所要時間

日々の生活の中で実施します。

適用される患者

関節の痛みや腫れがみられる方

高血圧や心臓疾患のある方は適応をさけましょう。

更新日:2016年10月26日

参照元:(関節リウマチ診療ガイドライン2014日本リウマチ学会http://www.ryumachi-jp.com/guideline.html(閲覧日:2015年7月6日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

物理療法(理学療法)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす