あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)

関節リウマチとは

手足やひざ、ひじなどといった関節の内側にある滑膜という部分に炎症がおこり、関節が腫れて痛む病気です。進行すると関節が破壊されて変形し、放置すると最終的には寝たきりの状態になってしまします。

症状と原因

食欲不振や倦怠感、熱っぽさといった全身性の症状がみられ、さらに寝おきに手足や全身の関節のこわばりを感じるようになります。このような初期症状にともなって、多くの関節リマウチは非常にゆっくりと症状が進行していきます。

体験談

体験談を見るにあたって

近年、間接リウマチへの手術療法は減少しているため、治療の基本は薬物療法となっています。確定診断後、まずは抗リウマチ薬を中心とした薬物療法を行うのが一般的な治療法です。6ヶ月以内に治療の効果がみられれば、その治療を継続します。治療の効果がみられなかったり合併症などによって継続が困難な場合は、異なる抗リウマチ薬へと変更します。また関節破壊などの進行が早い場合は生物学的製剤を追加します。このような段階を踏んでも効果がみられない場合は、生物学的製剤の変更またはJAK阻害薬の使用を行います。それでも痛みや腫れが軽減されない場合は、手術による治療を検討する必要があります。

更新日:2017年06月19日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす