あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

網膜芽細胞腫

網膜芽細胞腫とは

網膜芽細胞腫は網膜にできる悪性腫瘍で、一般的に乳幼児に多い病気です。
主な原因は遺伝子の突然変異がとされており、この場合二次がんの合併症にも注意が必要です。
網膜に腫瘍ができると視力が低下します。しかし乳幼児の場合、見えるという状態がよくわからないため、発見が遅れる可能性があります。
早く治療が行われれば生命に関わることは少なく、治癒させることができるといわれています。

症状と原因

視力が低下します。その後、まぶたの腫れや光が腫瘍に反射して眼が白く光って見えること、左右の眼球の向きが合っていない斜視になるなど、他人が見てもわかる症状があらわれてきます。

体験談

体験談を見るにあたって

眼球の温存と再発の可能性を天秤にかけ治療法を選択していきます。
進行している場合は眼球の摘出手術を選択し、腫瘍が眼球内にとどまる場合は眼球を温存するよう選択します。
治療法には手術療法、化学療法、放射線療法などがあります。
国際分類AやBでは、局所療法として冷凍凝固や放射線療法を行い眼球の温存を選択します。
国際分類CやDも、眼球保存の可能性を考え治療法を選択します。
局所療法の他、抗がん剤を用いた全身化学療法を併用することがあります。
国際分類Eに分類されるような進行しているものでは、眼球外へ転移している可能性があるため、眼球摘出手術が第一選択とされています。
また遺伝性の場合、疾患そのものより二次がんの有無が生命予後を左右するため、二次がんのリスクを高めるような治療法をできるだけ選択しないようにします。

現在網膜芽細胞腫の体験談はありません

今まさに病気と闘っている方のために
あなたの体験談をご投稿ください。