あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

生活習慣の改善拘束型心筋症(RCM)

概要

運動や水分、食塩摂取の制限を行い、心不全状態の悪化を予防する療法です。心臓への負担を軽減するために、アルコールの摂取、喫煙は中止する必要があります。

他の治療法に比べての優位性

すぐに始められる体調管理の方法です。良好な体調の維持、予後悪化防止に必要な管理となります。

留意すべきこと

この方法のみで完治するわけではありません。
身体負荷や水分量、食摂取量の程度は病態などによって異なるため、きちんと医師と相談や確認をしましょう。
心不全の悪化がある場合、体重が増加し、むくみが目立ちます。日ごろから体重測定を行い、体調の目安にしましょう。

費用

特定の費用はかかりませんが、ジムや保険食品などを使用する場合には費用が発生します。

(※保険の適用はないため自己負担となります)

一般的な所要時間

病態管理のため、常に行う必要があります。

適用される患者

すべての拘束型心筋症の方

更新日:2016年11月11日

参照元:(難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jp/entry/10(閲覧日:2015年9月28日),循環器研修ノート川名正敏診断と治療社2010年698p,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年9月28日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。