あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

レム睡眠行動障害(RBD)の体験談

睡眠環境の調節は時間がかかりましたが、自分も彼女に協力して治すことが出来た一番の治療法でしたので印象に残っています。

患者との関係:恋人患者:20代女性治療時期:2010年6月
睡眠環境の整備睡眠環境の調節
満足度

一緒に彼女と協力して、治すことが出来たから。

副作用

治療履歴

2015年6月頃ベンゾジアゼピン系薬剤50mg

病気と症状について

一緒に寝ていた際に、彼女が睡眠中に大きな声をだしたり寝ながらの独り言も多く、ひどい時は外に出ようとしていたのでちょっと心配になりました。一緒に病院に行こうと誘い受診した所、レム睡眠行動障害と言われてしましました。

参考:レム睡眠行動障害にかかった他の人の症状は...?

そもそもは「統合失調感情障害」のひとつで現れた症状です。現在...

(続きを読む)

なぜ睡眠環境の整備を選んだか

睡眠環境の調節は時間がかかりましたが、自分も彼女に協力して治すことが出来た一番の治療法でしたので印象に残っています。

睡眠環境の整備とは

事故の防止や異常行動にともなう怪我や傷害を防止するため、睡眠環境を整える非薬物的治療法です。
周囲には危険なものを置かないようにします。大きな声でおこしたりせず優しくおこすようにします。

「睡眠環境の整備」の概要

睡眠環境の整備の効果について

その後は、安定して夜に大声を出したり、徘徊することもなくなり良かったです。
しかし、また起きるかもしれませんので、彼女と一緒に睡眠に関しては万全にしようと心がけています。

治療期間

治療期間:1年

治療に関する費用

薬剤:2000円(一ヶ月)

副作用について

ほとんど薬を使わず、環境改善で治したので副作用はありませんでいた。

レム睡眠行動障害を患っている方へのアドバイス

レム睡眠行動障害は、未だに根本的な原因がわかっていない病気です。
しかし、治療法は有りますのでご安心ください。その際は、周りの手助けも必要な場合があります。
彼女はあまり使いませんでしたが、薬での治療法も有りますので、医者に相談して選択してください。

参考:レム睡眠行動障害を経験した他の人のアドバイスは...?

環境を整えるのが一番だと考えます。継続して深い睡眠に持ってい...

(続きを読む)

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年03月31日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

レム睡眠行動障害の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす