あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ドパミン受容体刺激薬(パーキンソン病治療薬、ドパミン受容体作動薬、アゴニスト)レム睡眠行動障害(RBD)

概要

パーキンソン病の薬としても使用されますが、ドーパミンの働きを良くしたり補充することで、症状を改善することを目的とした薬です。プラミペキソールという薬を服用することが多いとされます。

更新日:2016年10月26日

参照元:(厚生労働省e-ヘルスネットhttps://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/heart/yk-070.html(閲覧日:2016年2月18日),メルクマニュアルhttp://merckmanuals.jp/home/%E8%84%B3%E3%80%81%E8%84%8A%E9%AB%84%E3%80%81%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E9%9A%9C%E5%AE%B3/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E6%99%82%E9%9A%8F%E4%BC%B4%E7%97%87.html(閲覧日:2016年2月18日),日本睡眠総合健診協会http://suiminken.or.jp/disease/05.html(閲覧日:2016年2月18日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2016年2月18日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

治療法ごとに体験談をさがす

ドパミン受容体刺激薬についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。

フリーワード検索からさがす