あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ベンゾジアゼピン系薬(薬物治療)レム睡眠行動障害(RBD)

概要

原因不明の慢性突発性レム睡眠行動障害による症状を改善させる薬です。クロナザパムを服用することにより、一時的に症状が軽減するといわれています。

実際に治療を受けた方が選択した理由

現在治療中で「セレニカR顆粒」の増量を図っています。 マイスリー10mg、ルネスタ2mgは基軸となっていて、その他は複合というカタチになっています。

実際に感じた効果

マイスリーとルネスタについては「気絶」に近いモードに持っていくのには間違いありませんでした。 しかし、レム睡眠時の行動を抑制するには役に立ちません。副作用が辛いのですが「中間系睡眠薬」で補う必要性が考えられます。

実際に感じた副作用

レム睡眠時の異常行動

実際にかかった費用

0円(全額控除)

更新日:2016年12月26日

参照元:(厚生労働省e-ヘルスネットhttps://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/heart/yk-070.html(閲覧日:2016年2月18日),メルクマニュアルhttp://merckmanuals.jp/home/%E8%84%B3%E3%80%81%E8%84%8A%E9%AB%84%E3%80%81%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E9%9A%9C%E5%AE%B3/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E6%99%82%E9%9A%8F%E4%BC%B4%E7%97%87.html(閲覧日:2016年2月18日),日本睡眠総合健診協会http://suiminken.or.jp/disease/05.html(閲覧日:2016年2月18日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2016年2月18日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。