あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

心的外傷後ストレス障害(PTSD)のベンゾジアゼピン系抗不安薬(抗不安薬)の体験談

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」に関する体験談をまとめています

このページでは、心的外傷後ストレス障害のベンゾジアゼピン系抗不安薬(抗不安薬)を経験された方の体験談を掲載しています。
不安感の対症療法が必要だとわかっていたから(自分も精神科で看護師として勤務中) (20代女性)」や「PTSDに関係して、比較的効くということをインターネットで調べ、この薬品を出してもらうことにした。 (40代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-8件目を表示/全8件

ベンゾジアゼピン系抗不安薬(抗不安薬)とは

脳内神経伝達物質「GABA」の働きを強めることで、気分をリラックスさせ、不安感や緊張感をやわらげる薬です。
抗不安薬、抗パニック薬としても広く使用され、PTSDでは、睡眠生涯やイライラ、過度の警戒心などの症状に有効とされていますが、単体で使用するのではなく、補助的な治療薬として使用されます。
主にアルプラゾラム、ロラゼパム、ブロマゼパムなどの種類があります。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬(抗不安薬)の詳細はこちら

更新日:2017年07月19日

ベンゾジアゼピン系抗不安薬(抗不安薬)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす