あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

心的外傷後ストレス障害(PTSD)のストレス免疫訓練(SIT、認知行動療法)の体験談

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の「ストレス免疫訓練」に関する体験談をまとめています

このページでは、心的外傷後ストレス障害のストレス免疫訓練(SIT、認知行動療法)を経験された方の体験談を掲載しています。
当時13歳で、自分で判断できなかったため親が判断。親の言うことを聞かないとならなかったため。 (10代以下女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-1件目を表示/全1件

ストレス免疫訓練(SIT、認知行動療法)とは

認知行動療法のひとつです。
トラウマにより生じたストレスに対する不安という反応を減らす訓練を行い、ストレスに対する免疫をつける治療法です。
呼吸法やリラクゼーション訓練、自問自答、主張訓練、ロールプレイなどの対処方法を学び、繰り返し練習することで、ストレスを管理して不安を減らす力を伸ばしていきます。
具体的には、「ストレスの概念の把握」「技能獲得とリハーサル」「適用とフォローするー」の3段階を交互に何度も何度も行うことで進めていきます。

ストレス免疫訓練(SIT、認知行動療法)の詳細はこちら

更新日:2017年07月19日

ストレス免疫訓練(SIT、認知行動療法)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす