あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の認知処理療法(CPT、認知行動療法)の体験談

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の「認知処理療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、心的外傷後ストレス障害の認知処理療法(CPT、認知行動療法)を経験された方の体験談を掲載しています。
なぜその答えになったのかまでちゃんと説明をしてくれたので理解しようと思えた。その中で自分の中の答えがこうなれば楽になれると感じたので受けてみようと思った。 (10代以下女性)」や「リスクを伴う可能性が3割と言われたため、他の選択肢として認知行動療法を試すことにしました。 (50代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-17件目を表示/全17件

認知処理療法(CPT、認知行動療法)とは

認知行動療法のひとつです。
トラウマ体験に対する考え方やこだわりを見つめなおし、別の視点でものごとを考えられるよう導く治療法です。考え方のクセを良い方向へ修正していくことを目的とします。
見直す主なポイントは「安全、信頼、力とコントロール、価値、親密さ」の5つで、他者との関係性を見直していきます。

認知処理療法(CPT、認知行動療法)の詳細はこちら

更新日:2018年11月16日

認知処理療法(CPT、認知行動療法)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談