あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の体験談

医師との話の中に、これ以外の選択肢は、勧められなかったからだと思う。

患者との関係:本人患者:40代女性治療時期:2011年12月
ベンゾジアゼピン系抗不安薬トレドミンは、効果があったのかは分からないが、レキソタン・デパスなどの抗不安薬。

心的外傷後ストレス障害とは

命の危険を感じたり、心身に重大なショックを受けたりした後に、その記憶が「こころの傷=トラウマ」として残り、さまざまな症状となって不安障害の1つです。恐怖の記憶が繰り返し思い出され、精神的な苦痛が長期間続き、ふだんの生活にも影響を及ぼします。

心的外傷後ストレス障害の症状

満足度

経度にはなったが、(医師は、ドクターストップを無視してパワハラのある職場で働き続けたことが長引いた原因だと言われている)、現在も良くなっているわけではないので満足しているわけではない。

副作用

治療履歴

医師によるカウンセリング
投薬(トレドミン・デパス・レキソタンなど)
を続けた(この症状が出る前から同じものを続けていた)

病気と症状について

もともと、精神科に受診していた(うつ病の寛解後)が、新しく勤めた会社で、上司からのパワハラにあい、人に会うことが怖くなった。動悸や震え、不眠、上司の夢、など、ストレス性ものものが、頻発し、めまいがしたり、倒れそうになったり、していた。
医師からは、PTSDだねと言われた。

参考:心的外傷後ストレス障害にかかった他の人の症状は...?

元々20代の頃に付き合っていた恋人が自殺した為に鬱病になり、...

(続きを読む)

動悸、息切れ、酩酊感などが強くなり、複数の病院で診てもらった...

(続きを読む)

心的外傷後ストレス障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜベンゾジアゼピン系抗不安薬(抗不安薬)を選んだか

医師との話の中に、これ以外の選択肢は、勧められなかったからだと思う。

参考:他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由は...?

PTSDに関係して、比較的効くということをインターネットで調...

(続きを読む)

実際に使用してみることで精神的にほんの少しではあるが開放的な...

(続きを読む)

他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由をもっと読む

ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは

脳内神経伝達物質「GABA」の働きを強めることで、気分をリラックスさせ、不安感や緊張感をやわらげる薬です。
抗不安薬、抗パニック薬としても広く使用され、PTSDでは、睡眠生涯やイライラ、過度の警戒心などの症状に有効とされていますが、単体で使用するのではなく、補助的な治療薬として使用されます。
主にアルプラゾラム、ロラゼパム、ブロマゼパムなどの種類があります。

「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」の概要

ベンゾジアゼピン系抗不安薬(抗不安薬)の効果について

確かに以前よりは人が怖いというものはおさまってはいるが、男性の大声や怒り声、強い口調などを聞くと症状が出るしできるだけ人を避けているのは間違いない。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果は...?

症状が軽くなり、以前に比べてPTSDが軽減してきた感じがして...

(続きを読む)

ホリゾンを持続的に服用していくことで、1ヶ月位経つと次第に開...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果をもっと読む

治療期間

現在も、ときおり、症状が起きており、他の治療も重ねているので、治療が終了しているのかどうかわからない。

治療に関する費用

母子家庭なので、ひとり親家庭の医療費助成で、1回500円、月に2000円までしか、かからなかった。 (調剤薬局ふくむ)

副作用について

副作用は気にするほどのものは、出なかった。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用は...?

薬剤師から副作用の説明があったが、特に副作用は感じなかった。...

(続きを読む)

軽い眠気が疲れた時にあるだけで、後は副作用を感じていません。...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用をもっと読む

心的外傷後ストレス障害を患っている方へのアドバイス

PTSDというものが、大きな災害や犯罪とか、そういうものでなく、一般的な生活でも起こりうるということを知らなかった。
突発的な恐怖感だけではないのだということを、知っていてほしいなと思う。
心的外傷は、思っているより、ずっと生活を制限するなと思う。

参考:心的外傷後ストレス障害を経験した他の人のアドバイスは...?

当時の精神的なダメージをいくら時間をかけて克服しても、ああし...

(続きを読む)

病院、クリニック、担当医によって見解はさまざまであり、 手法...

(続きを読む)

心的外傷後ストレス障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年07月19日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

心的外傷後ストレス障害の体験談をもっとさがす

ベンゾジアゼピン系抗不安薬(抗不安薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす