あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の体験談

医師の指導は確かに自分にとって良いと思えたのでその治療法にしようと思った。

患者との関係:本人患者:50代女性治療時期:2005年12月
認知処理療法薬は用いていない。家族と過ごすこと、特に家族とよく話をしたり笑顔を引き出せるような明るい会話をすること。

心的外傷後ストレス障害とは

命の危険を感じたり、心身に重大なショックを受けたりした後に、その記憶が「こころの傷=トラウマ」として残り、さまざまな症状となって不安障害の1つです。恐怖の記憶が繰り返し思い出され、精神的な苦痛が長期間続き、ふだんの生活にも影響を及ぼします。

心的外傷後ストレス障害の症状

満足度

家族と過ごす時に1番安らぎを得ることができたし、フラッシュバックがかなり良くなってきたから

副作用

治療履歴

薬は用いていない。精神療法はあくまで家族と過ごすこと。家族とよく会話をして特に笑顔でいられる話を中心に過ごすこと。それを繰り返すことを促された。

病気と症状について

1日中特に夕方日暮れ近くなってから眠るまでの間、子供の頃から大人になるまでまた直近の出来事まで、自分にとって辛い思い出のフラッシュバックがひどく起こった。そのフラッシュバックがひどいために家事が一切できず、夜眠るときには息をするのも辛い位の状態になった。子供の3歳時検診に行った時、医師と話をして医師からは5人の子供を育てる上での過労、及びPTSD状態になるのではないかと言われた。その時点ではとりあえずビタミン剤をとってますが体の疲れをとり、その上で精神的に辛いようだったら精神科あるいは内科にかかるように言われた。その後精神的な状態も良い方向には向かわず、内科にかかったが、
PTSD状態にあるけれども、薬で治すのではなく、家族の協力と体を休める、および1番辛い時間帯には無理に動くのではなく、リラックスするように指導された。

参考:心的外傷後ストレス障害にかかった他の人の症状は...?

人に触れられる事や道でぶつかる事すら嫌悪して無理で受診し、性...

(続きを読む)

義理の兄が来た時に、突然全身が震えた。特に膝が笑うって感じに...

(続きを読む)

心的外傷後ストレス障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ認知処理療法(CPT、認知行動療法)を選んだか

自分にとって家族といる時が1番安らぎを感じられていたし、他に頼れるところも信じられるところもなかった状態だったので、医師の指導は確かに自分にとって良いと思えたのでその治療法にしようと思った。

参考:他の人が認知処理療法を選んだ理由は...?

医師の判断で行われている。並行してフルニトラゼパム・リフレッ...

(続きを読む)

薬物療法はほかの疾患のことで、行っていたのもありましたので、...

(続きを読む)

他の人が認知処理療法を選んだ理由をもっと読む

認知処理療法とは

認知行動療法のひとつです。
トラウマ体験に対する考え方やこだわりを見つめなおし、別の視点でものごとを考えられるよう導く治療法です。考え方のクセを良い方向へ修正していくことを目的とします。
見直す主なポイントは「安全、信頼、力とコントロール、価値、親密さ」の5つで、他者との関係性を見直していきます。

「認知処理療法」の概要

認知処理療法(CPT、認知行動療法)の効果について

少なくとも朝から日暮れ前までは家事をしたり、子供と過ごす時に精神的に辛くなる事はなくなった。しかし日暮れを過ぎるとフラッシュバックがやはり時々起こるようになり、それは今現在に至っても続いている。

参考:他の人が感じた認知処理療法の効果は...?

うつ病の時からフルニトラゼパム錠を2mg頓服として処方されて...

(続きを読む)

カウンセリングに行き始め、初めは家族にも言えないことを話せて...

(続きを読む)

他の人が感じた認知処理療法の効果をもっと読む

治療期間

3ヶ月

治療に関する費用

治療法自体には一切お金はかかっていない。

副作用について

薬は持ちいなかったのが1番の理由。精神的に1番良い方法とったのが2番目の理由。

参考:他の人が感じた認知処理療法の副作用は...?

3.11の情報が耳や目に入ると 拒否反応を起こしてしまいます...

(続きを読む)

カウンセリングだったので、副作用はありません。...

(続きを読む)

他の人が感じた認知処理療法の副作用をもっと読む

心的外傷後ストレス障害を患っている方へのアドバイス

精神的なことで身体上の不都合が見られないため、子供の学校でも配慮を受けることさえもできなかったことが1番辛かった。子供のことでちゃんとしてあげられることができなくて、学校から注意を受けることもあったが、それについてもうまく説明することができなくて困った。だから精神的なものと言う事は言わずに子供が5人いたこともあり、育児による身体的疲労と言う理由で話を進めたら理解してもらえ、活動がしやすくなった。

参考:心的外傷後ストレス障害を経験した他の人のアドバイスは...?

仕事も辞めたため、出会う人が病院の中だけで、しかも子供の頃か...

(続きを読む)

病気だから仕方ないという安心。不治の病という絶望。日常生活が...

(続きを読む)

心的外傷後ストレス障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

心的外傷後ストレス障害の体験談をもっとさがす

認知処理療法(CPT、認知行動療法)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす