あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ストレス免疫訓練(SIT、認知行動療法)心的外傷後ストレス障害(PTSD)

概要

認知行動療法のひとつです。
トラウマにより生じたストレスに対する不安という反応を減らす訓練を行い、ストレスに対する免疫をつける治療法です。
呼吸法やリラクゼーション訓練、自問自答、主張訓練、ロールプレイなどの対処方法を学び、繰り返し練習することで、ストレスを管理して不安を減らす力を伸ばしていきます。
具体的には、「ストレスの概念の把握」「技能獲得とリハーサル」「適用とフォローするー」の3段階を交互に何度も何度も行うことで進めていきます。

他の治療法に比べての優位性

PTSDに適用された最初の認知行動療法です。 持続エクスポージャー療法に並び、PTSDに対する症状の改善を示した治療法とされています。 PTSDの治療法としてだけでなく、ストレス予防法として職場や学校などでも実施されることもあります。

実際に治療を受けた方が選択した理由

当時13歳で、自分で判断できなかったため親が判断。親の言うことを聞かないとならなかったため。

留意すべきこと

専門の技法を身につけた治療者が必要なことと、時間と労力が必要なため、予め実施できる施設を確認しましょう。

実際に感じた効果

ストレス原として回避させられたことにより、それらとの決別がうまくいっておらず(親が勝手にやったので)、そのこと自体がさらにストレス原となった他、最大のストレスがそれらによって紛らわされていたため、左半身の動かし難さや痙攣の頻度が増えた他、気分の落ち込みが激しくなった

副作用と対策

症状の悪化

トラウマ体験を思い出すことによって、一時的に不安が高まって症状が悪化する場合があります。

専門的な知識と経験のある治療者の立ち会いのもと、安全な環境の中で行う必要があります。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

無気力でなにもやる気がせず近い未来(4日後くらい)への希望も持てない

費用

※現在調査中です

実際にかかった費用

なし

一般的な所要時間

※現在調査中です

適用される患者

PTSDと診断された方

更新日:2017年07月19日

参照元:(厚生労働省 みんなのメンタルヘルス総合サイト(閲覧日:2017年7月10日) http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_ptsd.html,ストレス百科事典 丸善出版 2,009年 http://pub.maruzen.co.jp/index/kokai/stress/Stress396.pdf(閲覧日:2017年7月10日) ,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2017年7月10日) )

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

他の治療法をさがす

ストレス免疫訓練以外の治療法をさがす

ストレス免疫訓練と他の治療法を比較してみる