あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

膵神経内分泌腫瘍(PNET)

膵神経内分泌腫瘍とは

膵臓のインスリンなどのホルモンを分泌している膵臓内分泌細胞にできる腫瘍です。膵神経内分泌細胞は良性の場合と悪性の場合があり、悪性の場合は膵内分泌がんとよばれています。またホルモンの症状があるものを機能性、無いものを非機能性と分類していますが、ほとんどは機能性膵神経内分泌細胞です。膵臓外分泌細胞と比べると発生率は少なく、予後は良好とされます。

症状と原因

膵神経内の分泌細胞の種類によってわかれます。
【機能性膵神経内分泌細胞】
ガストリノーマは胃酸の分泌が増加するため胃潰瘍や十二指腸潰瘍がたくさんできることが多く、胃痛や下痢、胸焼けなどをおこすとされ、インスリノーマは血糖値とは関係なくインスリンの分泌が過剰におこるため、特に空腹時に低血糖をおこし発汗、脱力感、空腹感、ふるえ、動悸、めまい、異常行動などの症状がでるとされています。
グルカゴノーマは血糖値を上げる作用があるグルカゴンが過剰に分泌されるため高血値になり、特有の発疹(壊死性遊走性紅斑)が顔や腹部、足にでます。発疹には激しいかゆみがあります。また高血糖により頭痛や頻尿、皮膚の乾燥、喉の渇き、疲労感などがあります。

【非機能性膵神経内分泌細胞】
一般的に初期症状はないことが多いとされます。

【その他】
ピポーマは激しい水溶性下痢がおこり、脱水、喉の渇き、尿量の減少、皮膚や口の乾燥、頭痛、めまい、疲労感を引きおこすとされ、ソマトスタチノーマは高血糖をおこし、頭痛や頻尿、皮膚の乾燥、喉の渇き、空腹感、疲労感などがでます。また膵臓の酵素が減少することで、下痢や脂肪便の症状がでることがあります。

体験談

体験談を見るにあたって

膵神経内分泌腫瘍は、基本的に切除して取りのぞける場合には、手術により切除します。手術により全て取り除くことができ、転移もなければ予後良好な病気です。また、全てを取りきれない場合でも少しでも取りのぞくことで症状の改善がみこめます。
手術により取りきれない場合や、手術後も症状が改善しない場合、転移がある場合は、それぞれの病気の種類に合わせた手術や放射線治療、化学療法を組み合わせることにより治療を行います。手術方法には、良性の場合には腹腔鏡手術がありますが、まだ症例が少なく開腹手術が主流です。悪性の場合は開腹手術が基本となっています。

現在膵神経内分泌腫瘍の体験談はありません

今まさに病気と闘っている方のために
あなたの体験談をご投稿ください。