あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

咽頭炎(のどかぜ)で「ニューキノロン系抗菌薬」による治療を受けた方が感じた効果

更新日:2017年06月30日

このページでは、咽頭炎のニューキノロン系抗菌薬を選択した方々の、どのようにして治ったのか?現在の状況はどうなのか?その治療は痛かったのか?などといった、治療中から治療後に至るまでの治療の効果とその感想に関する体験が経過に沿ってまとめられています。

1-7件目を表示/全7件
  • 抗生物質を飲み始めてからすぐになおった。市販の薬をためしたが、毎日毎日まったく効かず、ただ胃があれていくだけだったきがする。
  • 漢方薬を飲み続け、3日目くらいからゆっくり喉の痛みも減っていきました。 体も温まっていったきがします。
  • レボフロキサシンCEO 500gを内服した夜中から、熱が引くのとのどの痛みが改善してくるのが明らかに感じました。翌朝にはすっきりとした目覚めを迎えました。
  • フロモックスを服用し続け 喉の痛みが和らいで行き炎症が落ち着いてきた。 トローチをのおかげで、痛みがなくなった
  • 急性の炎症は一週間くらいで治まった。その後は吸入とうがいの励行により根気よく治療を継続する必要があると説明された。現在は症状は軽快しているのでひどくなった時だけ受診している。
  • 診断を受けてから、クラビット500mgを処方され、3日間服用し、熱はすぐに下がりました。仕事上、話さなければならず、喉が完全ではないまま喉を使っていたため、咳がなかなか治りませんでした。
  • 医師から処方された、抗生剤を一週間服用して、症状は改善され、その後は症状が改善されたので、薬は特に服用せずに自然に治癒した。

もっと読む