あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

咽頭炎(のどかぜ)の吸入療法の体験談

咽頭炎(のどかぜ)の「吸入療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、咽頭炎の吸入療法を経験された方の体験談を掲載しています。
先生の判断に従ったのみで自分の判断が出せる状況ではなかった (50代男性)」や「本人希望により、職場、家族にも迷惑かけるので、早く喉の調子が良くなりたいからです。 (30代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-6件目を表示/全6件

吸入療法とは

ネブライザー(吸入器、噴霧器)を使用して抗菌薬などを吸入し炎症を抑えます。
ネブライザーを用いるときは、まず鼻の詰まりを取り除いてから、専用マスクを口にあてて吸入します。
薬液の噴射が開始されたら、ゆっくりとした呼吸を意識します。

吸入療法の詳細はこちら

更新日:2017年06月30日

吸入療法以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談