あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

咽頭炎(のどかぜ)のペニシリン系抗菌薬(抗生物質)の体験談

咽頭炎(のどかぜ)の「ペニシリン系抗菌薬」に関する体験談をまとめています

このページでは、咽頭炎のペニシリン系抗菌薬(抗生物質)を経験された方の体験談を掲載しています。
咽頭炎の原因が溶連菌の疑いが強いとのことでペニシリン系の抗生物質を勧められ、初めて飲みました。 (30代女性)」や「通常であればセフェム系抗菌薬で大半は治まりましたが、それでは全く治癒に至らずペニシリン系抗菌薬でないとたたけなかったのが印象的です。最初は内科通院していたのですが、内科では確認できない喉の奥(声帯付近)の観察ができず、耳鼻咽喉科でファイバースコープによる検査してもらいました。担当医がかなりびっくりしてたので、かなりひどい状況だったようです。 (40代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-4件目を表示/全4件

ペニシリン系抗菌薬(抗生物質)とは

レンサ球菌や溶連菌、肺炎球菌やインフルエンザ桿菌が原因の場合は、ペニシリン系抗菌薬を投与します。
抗菌薬には様々な種類があり、症状によっては他の系統の抗菌薬を投与することもあります。
主に、ベンジルペニシリンカリウム、ベンジルペニシリンベンザチン水和物、アンピシリン水和物、バカンピシリン塩酸塩、アモキシシリン水和物、スルタミシリントシル塩酸水和物などを使用します。

ペニシリン系抗菌薬(抗生物質)の詳細はこちら

更新日:2017年06月30日