あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

咽頭炎(のどかぜ)に関する症状

更新日:2017年06月30日

このページでは、咽頭炎の治療を選択した方々の、どのように症状が現れて受診するに至ったのか?その際どのような検査や問診をしたのか?などといった、症状の発生から病気の確定までの経緯に関する体験についてまとめられています。

1-30件目を表示/全55件
  • のどの痛みと39度を超す高熱、咳が止まらないなどの症状が、が出たため、医療機関を受診しました。抗生物質を処方され、自宅で療養し1週間ほどで熱も下がりましたが、もともと喫煙をしていたので咳がなかなか止まらず困りましたが、1か月ほどで感知しました。
  • 前日の夕食後くらいから体がだるくて動くのが億劫になってきた。調子が悪くなりそうな予感がしたので、その日はいつもより1時間程前に床へ就いた。朝起きると、喉が痛かったが、体のだるさは軽減していた。まだまだ乾燥する時期だからかな?くらいの気持ちで出勤したが、職場でなんだかいつもより頭が働かず、体温測定をしたら熱発していた。そのまま職場の内科を受診、咽頭に炎症兆候が見られるとして、急性咽頭炎の診断となった。
  • ずっとのどがいがいがしていて風邪かとおもっていたらだんだんのどが痛くなってきて風邪のような症状に。普段だったらすぐに薬で治るのになかなかなおらなかった。一週間くらいながびいたきがする。
  • 寒気がして、喉に違和感があった。唾を飲み込むと痛く、だるくなりました。 喉が赤いので熱も出てくると思いますと言われました。 3月に花粉症も発症するため、喉も痛めやすく、マスクをしないといけなくなる
  • だんだんと喉が赤く腫れて、痛みがひどかったので受診しました。若干熱もありました。声もがさがさしてあまりでず、受診するとすぐ咽頭炎だと診断されました。抗生物質と痛み止めを処方されました。たぶんなんらかの細菌に感染したのだろうということでした。
  • もともと体調不良になると喉が痛くなることが多かったが、その時は忙しい日々を過ごしており、抵抗力が低下していたためなかなか治らず受診しました。咽頭が赤く腫れており疲れがたまってしまったのではないかということでした。
  • タバコを吸っており、鼻炎のアレルギーもあり、少し風邪を引くとすぐに、喉が痛くなり、咽頭炎と診断。抗菌剤と痛み止めが投与された。痛み止めで痛みを抑え、抗菌剤でのどを元の状態になおすと説明があった。また、痛みが続くようであれば再度、受診するように指示があった。
  • 風邪が長引き声が全然でなくなってしまいました。お医者様で診ていただいたところのどの腫れがひどいからとの事でした。咽頭の炎症がひどいからとの事で静養とのどの腫れを押さえる薬、トローチ、うがい薬などを処方されました。 咳も出ていたので咳止めも処方してもらいました。

    20代女性の家族(この人の治療体験)

  • もともと喫煙はしていたがのどの痛みで水分もとることができなくなった。風邪かなぁと数日放置。しかし痛みがひどいので耳鼻科を受診。咽頭炎と診断される。痛みどめを飲んでも全く効かず、ますます水分もとれなくなったので翌日もう一度同じ病院を受診。点滴をすると今までの症状が嘘のように治った。
  • 元旦に年越し蕎麦を食したところ、咽頭が腫れ上がり、気道が塞がれるような形になってしまいました。同時に咽頭部の熱感も生じてきたため、救急外来を受診したところ、急性のアレルギーによる咽頭炎症との診断を受けました。
  • 喉が痛く、咳が続いたので、内科の医院を受診いたしました。発熱もありました。消炎剤、解熱剤、抗生物質の処方箋を受け、服薬しました。このとき、腎盂腎炎と若年性高血圧も併発し、一週間ほど学校を休みました。ほぼ10日間で治癒しましたが、高血圧症は残り、しばらく、2年間くらい、降圧剤を服用いたしました。
  • 喉に違和感を感じてだんだんと傷みを感じるようになる。耳の奥と喉が痛くなる。発熱も伴うので病院を受診して診察を受ける。最近は、ストレスを感じると喉や耳の奥などが痛むようになりひどいと熱が出る。日頃からストレスを溜めないようにしたり するようにこころがける。
  • 2017年4月中旬、夜間に外出しなければならない用事があったのだが、帰宅時間近くに急に気温が下がり、帰宅直後よりのどの調子が悪くなり、発熱してのどが痛くなったため、かかりつけの内科に受診した。のどが発赤してはれていて、咽頭炎と診断された。
  • もともと喫煙歴もありのどが弱い気がしていたが、2017年1月ごろに、のどの痛みが数日たっても収まらず。市販ののどに特化した薬など使用していたがなかなか治らず、病院受診をし、診断を受けた。特に治療らしいことは何もしていないが。病院の薬を服用していたら治った
  • 急に呼吸が苦しくなり 高熱が出て 動けなくなり 救急車で運ばれて入院をした 何度も検査をして 判断をされて 2週間入院をして治療を受けた 今は普通に生活をしている かなりの痛みを伴ったのでもうなりたくない
  • もともと扁桃腺が弱く、すぐ腫れて熱が出ていた。いつものようにのどが痛くなり、熱が出てきたので、病院に行った。いつもと変わった感じはしなかったが、医師の診断は咽頭炎だったので、正直驚いた。咳は出ていたが薬を服用するとすぐ治った。
  • のどが痛くて発熱もあった。ずっと体調不良が続いていて、体が疲れていた。病院に行ったら簡単な検査をしてもらえ、咽頭炎であるという診断をされた。人がたくさんいるところに行ったか確認され、身に覚えがあったので、診断名が確定された。
  • 発熱、関節痛、喉の痛み、声が出にくく、インフルエンザの流行っていたのでインフルチェックも兼ねて受診しました。インフルチェックはマイナスで、喉の痛みからくるもので、連日ネブライザーをさせてもらいました。
  • おそらくその年の酷い暑さや仕事の忙しさのために続いた睡眠不足のせいで激しいのどの痛みと倦怠感、発熱のため耳鼻咽喉科を受診しました。のどにたちの悪い菌が付いてしまってるので根気よく通院して直接のどを殺菌しなければいけないと言われました。
  • のどの痛みを感じ、声が出にくくなり、のどに違和感を感じ、熱はなかったが、病院に掛かり、咽頭炎と診断を受けた。投薬を受け、帰宅しほどなく症状の緩和を感じたので通院は一日だけで済ませた。薬は位週間分ぐらいだった
  • 喫煙してましたので、咽頭炎はもともと頻回にありました。イソジンなどでうがいして、薬も処方されました。 けれど、頻回に再発を繰り返してきました。声が出なくなったり、熱が出たりしてやっかいでした。かかりつけの病院で薬をたびたび処方していただきました
  • まず喉の痛みが現れ、次第に痛みが強くなっていき唾液を飲んでも痛くなるほどだった。風邪かなとも思ったが、違和感のある痛みで発熱も見られたのでインフルかと思い診察してもらうと急性咽頭炎だった。原因はウイルス・細菌感染だった。
  • インフルエンザに感染し、40どの熱が出たので内科に受診したら、咽頭炎もありますと言われた。食事が全く出来なく、飲み物を飲むのも苦痛で、1週間も寝たきり状態になった。気管支炎も併発して、抗生剤を大量投与した。
  • 数日前から咽頭部の乾燥症状を自覚し始めていましたが、徐々に症状が増悪してきました。38度5分まで発熱した日の夜は、咽頭痛が自制不可となり、アズノールうがい駅での咳嗽も困難になりました。食事ものどを通らず、ゼリーのような飲み物をちびちび飲みました。
  • 初めはのどに違和感があったのでうがいをしていたが芳しくないのでトローチをなめることにした。2日くらいはそんな生活をしていたが、のどの痛みが強くなってきて赤くはれ「ごっくん」するのもきつくなったので市販ののどに有効成分が入っている風邪薬を買い求め飲んだがのどの痛みに加え熱が出てきたので病院にいったら風邪で咽頭炎になっているといわれ、抗生物質を処方された。
  • 喉の奥が腫れて痛く、日常生活において食べ物やつばを飲み込むのも大変つらかったですし、声も変だったので、耳鼻咽喉科に行ったところ、先生より普通の人より扁桃腺が大きいので咽頭炎になりやすいと言われました。
  • 喉の痛みから始まり、風邪薬を飲んでも効かず、だんだん唾を飲み込むだけでも激痛に変わっていきました。空気の悪い職場で、しかも残業も多く、不規則な勤務形態だったため、風邪は引きやすかったのですが、その後も熱、咳、耳の下のリンパの腫れが出てきて今回はおかしいと思い、受診しました。その後、診断され、抗生物質などを飲んで治しました。
  • 暑くて窓を開けて就寝。朝起きて喉の痛み、唾を飲み込むのもピリピリして痛く、その内、声がかすれ初めてこえがガラガラになり、最後にはこえが出なくなった。 病院に受診し、抗生剤、トローチを処方してもらう
  • 関西に越してからよりひどくなった気がします。喉の痛みが風邪でもないのに続きました。最初は花粉症のせいかと思いましたが、痒みではなく痛みでした。PM2.5か黄砂のせいでしょうか。お医者さまに処方されるお薬ではよくならないので、喉飴、蜂蜜やオイルでのうがい、ウァセリンを鼻に塗ったり、鼻うがいをしたり色々工夫をしています。咽頭炎とは言われていますが自分がどのステージかは不明ですが、ここ最近、毎日喉の痛みが気にならない日はないくらいです。
  • 風邪が長引き、扁桃腺と喉の痛みがなかなか引かず、しまいには声枯れ、最後には声が出なくなった。物を飲み込むのもきつくなり、流動食しか受け付けなくなり、食べれなくなったので耳鼻咽喉科を受診した。腫れで喉がふさがっているとの事だった。

もっと読む