あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

咽頭炎(のどかぜ)の体験談

最もポピュラーで効果的であるという説明を医師から受けたから。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2014年8月
ペニシリン系抗菌薬ペニシリン系抗菌薬

咽頭炎とは

喉に炎症が発生して苦痛をともない、発声や食べ物の嚥下といった喉の機能に支障が生じる状態をいいます。
ウイルスや細菌の進入で突然発症したものを「急性咽頭炎」とよびますが、その症状を何度も再発する場合や、喉の酷使や生活習慣などが原因で症状が長引く場合は「慢性咽頭炎」とよびます。

咽頭炎の症状

満足度

喉の違和感や長引いていた咳も次第に収まっていき、健康を取り戻せたから。

副作用

治療履歴

ペニシリン系抗菌薬

病気と症状について

しばらく、咳が続き、一向に収まる気配がありませんでした。しかし、夏風邪かなと言う思いがあり、そのうち治っていくだろうとあまくみておりました。そのうち、倦怠感があり微熱も見られるようになりましたので、病院で診てもらったところ、咽頭炎であると診断を受けました。

参考:咽頭炎にかかった他の人の症状は...?

2017年4月中旬、夜間に外出しなければならない用事があった...

(続きを読む)

もともと喫煙歴もありのどが弱い気がしていたが、2017年1月...

(続きを読む)

咽頭炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜペニシリン系抗菌薬(抗生物質)を選んだか

最もポピュラーで効果的であるという説明を医師から受けたから。

参考:他の人がペニシリン系抗菌薬を選んだ理由は...?

通常であればセフェム系抗菌薬で大半は治まりましたが、それでは...

(続きを読む)

他の人がペニシリン系抗菌薬を選んだ理由をもっと読む

ペニシリン系抗菌薬とは

レンサ球菌や溶連菌、肺炎球菌やインフルエンザ桿菌が原因の場合は、ペニシリン系抗菌薬を投与します。
抗菌薬には様々な種類があり、症状によっては他の系統の抗菌薬を投与することもあります。
主に、ベンジルペニシリンカリウム、ベンジルペニシリンベンザチン水和物、アンピシリン水和物、バカンピシリン塩酸塩、アモキシシリン水和物、スルタミシリントシル塩酸水和物などを使用します。

「ペニシリン系抗菌薬」の概要

ペニシリン系抗菌薬(抗生物質)の効果について

熱も平熱に戻り、日を追うごとに咳も収まっていき、喉の違和感もなくなっていきました。そして、普段の健康を取り戻しました。

参考:他の人が感じたペニシリン系抗菌薬の効果は...?

ネブライザーは最強の癒し……。 鼻のネブライザーはずいぶん...

(続きを読む)

他の人が感じたペニシリン系抗菌薬の効果をもっと読む

治療期間

治療期間
10日間

治療に関する費用

薬剤 2500円(10日間)

副作用について

副作用は一切なく、順調に回復していきました。

参考:他の人が感じたペニシリン系抗菌薬の副作用は...?

特になし...

(続きを読む)

他の人が感じたペニシリン系抗菌薬の副作用をもっと読む

咽頭炎を患っている方へのアドバイス

いくら風邪と同じような症状であったとしても、"風邪だろうから、そのうち治っていくだろうと"という勝手な自分の思い込みで判断して、放置しておくのはとても怖いことであると実感しました。放置しておいたぶん、治療にも時間がかかるし、早めに医師の診断を受けた方が良いと思います。

参考:咽頭炎を経験した他の人のアドバイスは...?

気温の低くなる季節は体調を崩しやすいので、いつも気を付けなけ...

(続きを読む)

のどの痛みにより日常の食事もあまり満足に取れず、また会話を長...

(続きを読む)

咽頭炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

咽頭炎の体験談をもっとさがす

ペニシリン系抗菌薬(抗生物質)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす