あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

咽頭炎(のどかぜ)の体験談

耳鼻咽喉科での治療で、診察の流れで、吸入器の処置があるだろうと、最初から予測していました。

患者との関係:本人患者:40代女性治療時期:2016年3月

咽頭炎とは

喉に炎症が発生して苦痛をともない、発声や食べ物の嚥下といった喉の機能に支障が生じる状態をいいます。
ウイルスや細菌の進入で突然発症したものを「急性咽頭炎」とよびますが、その症状を何度も再発する場合や、喉の酷使や生活習慣などが原因で症状が長引く場合は「慢性咽頭炎」とよびます。

咽頭炎の症状

満足度

一度の治療で完治したからです。この薬でよくならなかったら、次を考えましょうと言われ、初診でしたが安心しました。

副作用

治療履歴

2016年3月から
ロキソニン、抗生物質処方、外科医
2016年3月から
吸入器で処置
抗生物質、咳の薬
耳鼻咽喉科

病気と症状について

喉の痛みが、なかなか取れず、夜眠れないくらい痛くて、先ず、かかりつけ医に行きました。診断は、風邪による感染とのことで、痛み止めや抗生物質を処方してもらいましたが、薬がきれても、一向に良くならず、最終、耳鼻咽喉科に行って、完治しました。

参考:咽頭炎にかかった他の人の症状は...?

喉の痛みから始まり、風邪薬を飲んでも効かず、だんだん唾を飲み...

(続きを読む)

暑くて窓を開けて就寝。朝起きて喉の痛み、唾を飲み込むのもピリ...

(続きを読む)

咽頭炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ吸入療法を選んだか

耳鼻咽喉科での治療で、診察の流れで、吸入器の処置があるだろうと、最初から予測していました。

参考:他の人が吸入療法を選んだ理由は...?

本人希望により、職場、家族にも迷惑かけるので、早く喉の調子が...

(続きを読む)

特別な治療法ではありません。 誰でも受けられる治療法です。良...

(続きを読む)

他の人が吸入療法を選んだ理由をもっと読む

吸入療法とは

ネブライザー(吸入器、噴霧器)を使用して抗菌薬などを吸入し炎症を抑えます。
ネブライザーを用いるときは、まず鼻の詰まりを取り除いてから、専用マスクを口にあてて吸入します。
薬液の噴射が開始されたら、ゆっくりとした呼吸を意識します。

「吸入療法」の概要

吸入療法の効果について

診察を受けて、薬を飲み切ったところで、もぉ、ほぼ完治していました。治らなければ、また来てくださいとの事でしたが、それきり、喉の痛みもなく、風邪のような症状もなく、今に至っております。

参考:他の人が感じた吸入療法の効果は...?

ジスロマック服用してから3日後位から、喉の痛みが落ち着きまし...

(続きを読む)

痛み止め(ロキソプロフェンナトリウム)とアレグラでだましだま...

(続きを読む)

他の人が感じた吸入療法の効果をもっと読む

治療期間

診察
1日
服用期間
4日

治療に関する費用

診察代 1700円位 院外処方 1500円位

副作用について

副作用もなく、薬も大丈夫でした。胃薬も処方されていました。

参考:他の人が感じた吸入療法の副作用は...?

ジスロマック服用後、お腹の調子が悪くなった。...

(続きを読む)

どのお薬のせいかわかりませんが、軽い倦怠感くらいです。...

(続きを読む)

他の人が感じた吸入療法の副作用をもっと読む

咽頭炎を患っている方へのアドバイス

あまりにもの喉の痛みで、特に冬場は、マスクをし、喉が乾燥しないように気を付けています。通勤中のマスクもするようにしています。こまめに水分もとって、のど飴を使ったり、喉を冷やさないようにも気を付けています。

参考:咽頭炎を経験した他の人のアドバイスは...?

まずは免疫力の低下がすべての原因だと思うので、生活環境をでき...

(続きを読む)

病気をすると何もかもがやる気しない。 怠いし、眠い。やっぱり...

(続きを読む)

咽頭炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

咽頭炎の体験談をもっとさがす

吸入療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす