あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

咽頭炎(のどかぜ)の体験談

以前家族がこれでなおっていたから。もともともっていたくすりをそのままのんだ

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2017年5月

咽頭炎とは

喉に炎症が発生して苦痛をともない、発声や食べ物の嚥下といった喉の機能に支障が生じる状態をいいます。
ウイルスや細菌の進入で突然発症したものを「急性咽頭炎」とよびますが、その症状を何度も再発する場合や、喉の酷使や生活習慣などが原因で症状が長引く場合は「慢性咽頭炎」とよびます。

咽頭炎の症状

満足度

病院にいかず時間がたってしまったせいで、喉のいたみが全くなおらなかった

副作用

病気と症状について

ずっとのどがいがいがしていて風邪かとおもっていたらだんだんのどが痛くなってきて風邪のような症状に。普段だったらすぐに薬で治るのになかなかなおらなかった。一週間くらいながびいたきがする。

参考:咽頭炎にかかった他の人の症状は...?

数日前から咽頭部の乾燥症状を自覚し始めていましたが、徐々に症...

(続きを読む)

初めはのどに違和感があったのでうがいをしていたが芳しくないの...

(続きを読む)

咽頭炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜニューキノロン系抗菌薬(抗生物質)を選んだか

以前家族がこれでなおっていたから。もともともっていたくすりをそのままのんだ

参考:他の人がニューキノロン系抗菌薬を選んだ理由は...?

クラビットは高容量のため、1日1回でいいし、服用日数も短いか...

(続きを読む)

以前に服用して、効果があったので、医師にその旨をつたえて、処...

(続きを読む)

他の人がニューキノロン系抗菌薬を選んだ理由をもっと読む

ニューキノロン系抗菌薬とは

溶連菌や肺炎球菌やインフルエンザ桿菌などの細菌が原因の場合は、ニューキノロン系抗菌薬を投与します。
抗菌薬には様々な種類があり、症状によっては他の系統の抗菌薬を投与することもあります。
主に、ノルフロキサシン、シプロフロキサシン、ロメフロキサシン塩酸、トスフロキサシントシル塩酸水和物、プルリフロキサシン、モキシフロキサシン塩酸塩、メシル酸ガレノキサシン水和物、シタフロキサシン水和物などを使用します。

「ニューキノロン系抗菌薬」の概要

ニューキノロン系抗菌薬(抗生物質)の効果について

抗生物質を飲み始めてからすぐになおった。市販の薬をためしたが、毎日毎日まったく効かず、ただ胃があれていくだけだったきがする。

参考:他の人が感じたニューキノロン系抗菌薬の効果は...?

診断を受けてから、クラビット500mgを処方され、3日間服用...

(続きを読む)

医師から処方された、抗生剤を一週間服用して、症状は改善され、...

(続きを読む)

他の人が感じたニューキノロン系抗菌薬の効果をもっと読む

治療期間

一週間

治療に関する費用

促3,000

副作用について

副作用はいっさいありませんでしたよ。

参考:他の人が感じたニューキノロン系抗菌薬の副作用は...?

クラビットによる副作用は特にありませんでした。...

(続きを読む)

この治療による副作用はとくに感じなかった。...

(続きを読む)

他の人が感じたニューキノロン系抗菌薬の副作用をもっと読む

咽頭炎を患っている方へのアドバイス

自分の身体をよく知る事が大事だとおもった、いつものように風邪であればすぐに薬をのんでもいいけど、普段と違ういたみがでたときはすぐに行きつけの病院に、いってみてもらうことが必要。だらだら風が長引いて、体力的にも非常に辛かった

参考:咽頭炎を経験した他の人のアドバイスは...?

発病前の数日間は仕事も非常に多忙で、徹夜のような状態が続いて...

(続きを読む)

軽い風邪と思っていたものが熱は出るしのどが特化して違和感を感...

(続きを読む)

咽頭炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

咽頭炎の体験談をもっとさがす

ニューキノロン系抗菌薬(抗生物質)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす