あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

咽頭炎(のどかぜ)の体験談

まずは炎症をおさえるために抗生物質で身体の中の菌をおさえることが一番だということでしたから。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2007年8月
マクロライド系抗菌薬クラリスロマイシン錠200mg

咽頭炎とは

喉に炎症が発生して苦痛をともない、発声や食べ物の嚥下といった喉の機能に支障が生じる状態をいいます。
ウイルスや細菌の進入で突然発症したものを「急性咽頭炎」とよびますが、その症状を何度も再発する場合や、喉の酷使や生活習慣などが原因で症状が長引く場合は「慢性咽頭炎」とよびます。

咽頭炎の症状

満足度

少しずつではあるが、症状がらやわらいで楽になったので

副作用

治療履歴

2007年8月からクラリスロマイシン錠200mg

病気と症状について

もともと体調不良になると喉が痛くなることが多かったが、その時は忙しい日々を過ごしており、抵抗力が低下していたためなかなか治らず受診しました。咽頭が赤く腫れており疲れがたまってしまったのではないかということでした。

参考:咽頭炎にかかった他の人の症状は...?

発熱、関節痛、喉の痛み、声が出にくく、インフルエンザの流行っ...

(続きを読む)

おそらくその年の酷い暑さや仕事の忙しさのために続いた睡眠不足...

(続きを読む)

咽頭炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜマクロライド系抗菌薬(抗生物質)を選んだか

まずは炎症をおさえるために抗生物質で身体の中の菌をおさえることが一番だということでしたから。

参考:他の人がマクロライド系抗菌薬を選んだ理由は...?

一番簡単にできて効果的なものが、うがいや禁煙であったから。普...

(続きを読む)

他の人がマクロライド系抗菌薬を選んだ理由をもっと読む

マクロライド系抗菌薬とは

マイコプラズマやブドウ球菌、レンサ球菌、肺炎球菌が原因の場合は、マクロライド系抗菌薬を投与します。
抗菌薬には様々な種類があり、症状によっては他の系統の抗菌薬を投与することもあります。
主に、エリスロマイシン、クラリスロマイシン、ロキシスロマイシン、アジスロマイシン水和物、ジョサマイシン、スピラマイシン酢酸エステル、ロキタマイシンなどを使用します。

「マクロライド系抗菌薬」の概要

マクロライド系抗菌薬(抗生物質)の効果について

診断を受けてからクラリスロマイシン錠200mgを処方される。服用3日目くらいに痛みがやわらぎはじめ、咽頭の腫れも少しおさまってきた。現在は痛みがないので薬を服用せず過ごしている。

参考:他の人が感じたマクロライド系抗菌薬の効果は...?

うがいと喫煙と抗生物質の服用を開始して1、2日経過ぐらいから...

(続きを読む)

他の人が感じたマクロライド系抗菌薬の効果をもっと読む

治療期間

1ヶ月

治療に関する費用

2000円(1ヶ月)

副作用について

抗生物質を飲むことで、常在菌までも排除してしまうことで、カンジダ腟炎になってしまった。

参考:他の人が感じたマクロライド系抗菌薬の副作用は...?

抗生物質を服用したが、なにも副作用はなかった。...

(続きを読む)

他の人が感じたマクロライド系抗菌薬の副作用をもっと読む

咽頭炎を患っている方へのアドバイス

咽頭炎で痛みにより食事ができなくなったのが一番こまりました。疲れやストレスからも咽頭炎を引きおこすことは知らなかったので、日頃の生活習慣は身体にとても影響をあたえるようなので、なるべく身体に負担をかけないことが大事なんだとわかりました。

参考:咽頭炎を経験した他の人のアドバイスは...?

健康が一番だと思いました。咳が残るので、職場、家族、電車で気...

(続きを読む)

忙しさのあまり栄養のバランスがとれたしっかりした食事をなかな...

(続きを読む)

咽頭炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

咽頭炎の体験談をもっとさがす

マクロライド系抗菌薬(抗生物質)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす