あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

咽頭炎(のどかぜ)の体験談

抗炎症作用に加え、解熱・鎮痛作用もあり、突発的な私の症状にも有効だろうという説明を受けたためです。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2016年1月

咽頭炎とは

喉に炎症が発生して苦痛をともない、発声や食べ物の嚥下といった喉の機能に支障が生じる状態をいいます。
ウイルスや細菌の進入で突然発症したものを「急性咽頭炎」とよびますが、その症状を何度も再発する場合や、喉の酷使や生活習慣などが原因で症状が長引く場合は「慢性咽頭炎」とよびます。

咽頭炎の症状

満足度

きちんと効果を実感でき、また副作用も眠気など以外にはほとんど感じなかったためです。

副作用

治療履歴

2016年1月から
ヒスタミンH2拮抗剤
2016年1月から
NSAID

病気と症状について

元旦に年越し蕎麦を食したところ、咽頭が腫れ上がり、気道が塞がれるような形になってしまいました。同時に咽頭部の熱感も生じてきたため、救急外来を受診したところ、急性のアレルギーによる咽頭炎症との診断を受けました。

参考:咽頭炎にかかった他の人の症状は...?

もともと喫煙はしていたがのどの痛みで水分もとることができなく...

(続きを読む)

喉が痛く、咳が続いたので、内科の医院を受診いたしました。発熱...

(続きを読む)

咽頭炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)を選んだか

抗炎症作用に加え、解熱・鎮痛作用もあり、突発的な私の症状にも有効だろうという説明を受けたためです。

参考:他の人が非ステロイド抗炎症薬を選んだ理由は...?

一般的で安全面が高い。様子を見ながら治療ができる。患者の様子...

(続きを読む)

抗生物質を処方したいが、薬物アレルギーがあるため、服用はしな...

(続きを読む)

他の人が非ステロイド抗炎症薬を選んだ理由をもっと読む

非ステロイド抗炎症薬とは

痛みや熱をともなう場合は、プロピオン系の非ステロイド抗炎症薬を服用し、症状を和らげます。
EBウイルスなど適合した治療薬が無い場合は、症状を抑えるために服用します。
主にプラノプロフェン、チアプロフェン酸、ロキソプロフェンナトリウム水和物などを使用します。

「非ステロイド抗炎症薬」の概要

非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)の効果について

診断を受け、内服薬としてアスピリンを処方されました。その後は、朝と晩に内服したのですが、飲み始めた初日から気道の腫れも治まっていき、熱感はその日のうちに解消しました。また、咽頭の腫れも1週間が経過する頃には、ほとんど感じなくなる程度にまで、回復しました。

参考:他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の効果は...?

緩やかな回復力を感じた。自分に合っていると思うのでこれからも...

(続きを読む)

カロナール200mg2錠を約6時間ごとに服用した。2日くらい...

(続きを読む)

他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の効果をもっと読む

治療期間

1カ月

治療に関する費用

2300円

副作用について

アスピリンを内服し始めて、たまに眠気などを覚えた程度です。

参考:他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の副作用は...?

特にないです。思えていないので副作用はない。...

(続きを読む)

セフェム系抗生物質を服用すると、場合によって、全身がはれ、発...

(続きを読む)

他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の副作用をもっと読む

咽頭炎を患っている方へのアドバイス

突発的なアレルギーであったため、急な対応を迫られた事が最も大変でした。どこを受診すべきかどうかという事も、選択肢が少なく迷いました。内服薬に関しては、特に大きく困ることはありませんでした。ただ、完治したと自己判断せずに、医師からの許可が下りるまで、確実に内服を続ける事が大切だと思います。

参考:咽頭炎を経験した他の人のアドバイスは...?

私は基本的に余程のことがないと病院にはいかないのですが私のよ...

(続きを読む)

生活上では乾燥に気をつけています。家では加湿器を使い、出張時...

(続きを読む)

咽頭炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

咽頭炎の体験談をもっとさがす

非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす