あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

咽頭炎(のどかぜ)の体験談

症状は痛みと発熱が主だったので、医師との相談のうえこの薬を選びました。

患者との関係:本人患者:10代以下男性治療時期:1975年6月

咽頭炎とは

喉に炎症が発生して苦痛をともない、発声や食べ物の嚥下といった喉の機能に支障が生じる状態をいいます。
ウイルスや細菌の進入で突然発症したものを「急性咽頭炎」とよびますが、その症状を何度も再発する場合や、喉の酷使や生活習慣などが原因で症状が長引く場合は「慢性咽頭炎」とよびます。

咽頭炎の症状

満足度

比較的短期間で主要な症状が押さえられたので。

副作用

病気と症状について

喉が痛く、咳が続いたので、内科の医院を受診いたしました。発熱もありました。消炎剤、解熱剤、抗生物質の処方箋を受け、服薬しました。このとき、腎盂腎炎と若年性高血圧も併発し、一週間ほど学校を休みました。ほぼ10日間で治癒しましたが、高血圧症は残り、しばらく、2年間くらい、降圧剤を服用いたしました。

参考:咽頭炎にかかった他の人の症状は...?

タバコを吸っており、鼻炎のアレルギーもあり、少し風邪を引くと...

(続きを読む)

風邪が長引き声が全然でなくなってしまいました。お医者様で診て...

(続きを読む)

20代女性の家族(この人の治療体験)

咽頭炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)を選んだか

症状は痛みと発熱が主だったので、医師との相談のうえこの薬を選びました。

参考:他の人が非ステロイド抗炎症薬を選んだ理由は...?

たかだかウイルス性の咽頭炎ごときで医師は複数の選択肢は準備し...

(続きを読む)

抗炎症作用に加え、解熱・鎮痛作用もあり、突発的な私の症状にも...

(続きを読む)

他の人が非ステロイド抗炎症薬を選んだ理由をもっと読む

非ステロイド抗炎症薬とは

痛みや熱をともなう場合は、プロピオン系の非ステロイド抗炎症薬を服用し、症状を和らげます。
EBウイルスなど適合した治療薬が無い場合は、症状を抑えるために服用します。
主にプラノプロフェン、チアプロフェン酸、ロキソプロフェンナトリウム水和物などを使用します。

「非ステロイド抗炎症薬」の概要

非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)の効果について

痛みと発熱は投薬二日目から楽になりました。咳や喉がかゆいなどの症状は五日目くらいからよくなりました。現在は、ときどき風邪をひくくらいで、激しく痛みや高熱の発熱はありません。

参考:他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の効果は...?

分かりません。別の時期に咽頭炎に罹った時は薬を飲まなかったけ...

(続きを読む)

診断を受け、内服薬としてアスピリンを処方されました。その後は...

(続きを読む)

他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の効果をもっと読む

治療期間

外来で二週間ほど。

治療に関する費用

外来、投薬の合計で4000円。

副作用について

とくに気になるような副作用はなかった。胃腸の調子も良かった。

参考:他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の副作用は...?

副作用はなかった...

(続きを読む)

アスピリンを内服し始めて、たまに眠気などを覚えた程度です。...

(続きを読む)

他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の副作用をもっと読む

咽頭炎を患っている方へのアドバイス

生活上では乾燥に気をつけています。家では加湿器を使い、出張時や旅行時のホテルや旅館の宿泊では加湿器を用意してもらうか、バスタブに高温のお湯をはって、ドアを開けてままにしておきます。喉の調子が悪いと漢方薬を飲んでいます。清肺湯や竹ジョ温胆湯などです。また、イソジンなどのうがい薬もつかっています。

参考:咽頭炎を経験した他の人のアドバイスは...?

咽頭炎は最初は喉の痛みや微熱で済むが、だんだん咽頭炎が進でく...

(続きを読む)

のどの痛みだけでなく、体のだるさや咳などの風邪の症状もあるの...

(続きを読む)

20代女性の家族(この人の治療体験)

咽頭炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

咽頭炎の体験談をもっとさがす

非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす