あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

咽頭炎(のどかぜ)の体験談

医師からは特に説明もなく、勧められた訳でもなく、処方されたので、詳しいことは全くわからない

患者との関係:本人患者:40代女性治療時期:

咽頭炎とは

喉に炎症が発生して苦痛をともない、発声や食べ物の嚥下といった喉の機能に支障が生じる状態をいいます。
ウイルスや細菌の進入で突然発症したものを「急性咽頭炎」とよびますが、その症状を何度も再発する場合や、喉の酷使や生活習慣などが原因で症状が長引く場合は「慢性咽頭炎」とよびます。

咽頭炎の症状

満足度

詳しいことはわからないが、治ったのでいいかなぁと思っている。

副作用

治療履歴

病気と症状について

もともと扁桃腺が弱く、すぐ腫れて熱が出ていた。いつものようにのどが痛くなり、熱が出てきたので、病院に行った。いつもと変わった感じはしなかったが、医師の診断は咽頭炎だったので、正直驚いた。咳は出ていたが薬を服用するとすぐ治った。

参考:咽頭炎にかかった他の人の症状は...?

暑くて窓を開けて就寝。朝起きて喉の痛み、唾を飲み込むのもピリ...

(続きを読む)

関西に越してからよりひどくなった気がします。喉の痛みが風邪で...

(続きを読む)

咽頭炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)を選んだか

医師からは特に説明もなく、勧められた訳でもなく、処方されたので、詳しいことは全くわからない

参考:他の人が非ステロイド抗炎症薬を選んだ理由は...?

症状は痛みと発熱が主だったので、医師との相談のうえこの薬を選...

(続きを読む)

一般的で安全面が高い。様子を見ながら治療ができる。患者の様子...

(続きを読む)

他の人が非ステロイド抗炎症薬を選んだ理由をもっと読む

非ステロイド抗炎症薬とは

痛みや熱をともなう場合は、プロピオン系の非ステロイド抗炎症薬を服用し、症状を和らげます。
EBウイルスなど適合した治療薬が無い場合は、症状を抑えるために服用します。
主にプラノプロフェン、チアプロフェン酸、ロキソプロフェンナトリウム水和物などを使用します。

「非ステロイド抗炎症薬」の概要

非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)の効果について

詳しいことは医師からの説明もなく、ただ処方された薬を服用していた。かといって、副作用もなく、一週間くらいで治ったので、よかったと思う。

参考:他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の効果は...?

痛みと発熱は投薬二日目から楽になりました。咳や喉がかゆいなど...

(続きを読む)

緩やかな回復力を感じた。自分に合っていると思うのでこれからも...

(続きを読む)

他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の効果をもっと読む

治療期間

一週間くらいで治ったと思う

副作用について

特に副作用もなく、すっきり治ったのでよかった

参考:他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の副作用は...?

とくに気になるような副作用はなかった。胃腸の調子も良かった。...

(続きを読む)

特にないです。思えていないので副作用はない。...

(続きを読む)

他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の副作用をもっと読む

咽頭炎を患っている方へのアドバイス

今、アンケートを受けて、初めて咽頭炎が大変な病気だったのだと感じた。普通の風邪、またはのどが痛いだけかど思っていたが、しっかり治療法なども医師から説明を受け、自分で考えればよかったと今さらだが、少し後悔している。

参考:咽頭炎を経験した他の人のアドバイスは...?

病気をすると何もかもがやる気しない。 怠いし、眠い。やっぱり...

(続きを読む)

私は最近喉を冷やすとすぐに喉の痛みが始まってしまいますので、...

(続きを読む)

咽頭炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

咽頭炎の体験談をもっとさがす

非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす