あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

鎮咳去痰配合剤(薬物療法)と吸入療法の比較咽頭炎(のどかぜ)

適用される患者

咳や痰の症状が激しい方

緑内障や前立腺肥大が原因で排尿障害のある方は適応をさけましょう。
下記の方は注意が必要です。
心臓病、腎臓病、肝臓病、喘息、胃腸病、高血圧症、甲状腺機能亢進症、てんかん、高血圧症、甲状腺機能亢進症、てんかん、高齢、血液に病気のある方

すべての咽頭炎の方

使用する薬でアレルギー症状をおこしたことのある方は適応をさけましょう。

他の治療法に比べての優位性

咳を抑える効果や、痰を出やすくなる効果については定評があります。
患部に直接、薬液を噴射することができます。

留意すべきこと

服用することで眠気をもよおす可能性があるため、自動車の運転や精密機械の操作はさけましょう。
様々な薬と相互作用をおこしやすいため、服用中の薬がある場合は医師に報告しましょう。

ネブライザーの使用中は、口腔内に薬液が含まれた唾液が貯留することがあり、飲み込むと副作用が発生することがあります。
唾液がたまってきたと感じたら、一時中断を申し入れて唾液を取り除きましょう。
ネブライザーで噴射する薬による副作用がおこることがありますので、予め確認しましょう。

副作用と対策

アナフィラキシー

発疹や顔面のむくみ、呼吸困難や「ぜーぜー」「ひゅーひゅー」といった喘鳴(ぜんめい)、喘息のような症状、頻脈、血圧低下などが使用中または使用後にあらわれる場合があります。発症には個人差があるとされていますが、使用後30分以内にあらわれる場合が多いとされています。アナフィラキシーは頻度の低い副作用とされていますが、意識の混濁やチアノーゼといったショック症状など、重篤な症状になる場合があるため注意が必要とされています。なかでも、先天性IgA欠損症の方ではこうした過敏反応がおこりやすいため注意しましょう。

症状が比較的軽い場合、足を高くして仰向けで横になるなど安静にし、最低1時間程度は様子をみましょう。少しでも悪化がみられた場合、すみやかに医療機関を受診しましょう。嘔吐がある場合、吐いたもので窒息をおこす可能性もあるため注意が必要です。呼吸器症状や意識障害があらわれた場合では危険な状態とされる可能性があるため早急な対処が必要とされます。また、アドレナリン自己注射薬の筋肉内注射による応急処置もあるとされています。

溶血性貧血

稀ではありますが、赤血球の寿命が短くなり、動悸、息切れ、疲れやすさといった貧血症状や出血傾向、黄疸(おうだん)があらわれることがあります。

定期的に検査を行うなど観察を行い、異常がみられた場合には治療方針を見直すことがあります。

粘膜障害

発疹や発赤、水ぶくれ、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、のどの痛み、眼の充血などの症状があらわれることがあります。

症状があらわれた場合は医師に相談しましょう。休薬や痛み止めなどの投与を検討することがあります。

肝機能障害

薬の代謝時に肝臓に負担がかかることで肝機能が低下し、吐き気、嘔吐、腹痛、全身倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状があらわれることがあります。

症状があらわれた場合はすぐ医師に報告しましょう。投薬の中止や食事療法によって対処し、軽度場合は徐々に回復しますが中等度以上のものは入院した上で治療を行います。

間質性肺炎

薬に対する免疫反応が原因で、肺胞が炎症して動脈中に酸素が取り込みにくくなり、息切れや息苦しさ、咳、痰、発熱などの症状があらわれることがあります。

定期的に検査を受け体調を確認します。風邪と勘違いしてみすごしやすいですが、症状があらわれた場合は医師に報告しましょう。投薬の中止や治療計画の変更を行います。症状によりステロイドを投与することもあります。

腎機能障害

腎機能が障害されることで、尿量が減少したり、尿がでなくなる、濁りや泡立ち、血尿などの症状があらわれることがあります。その他、むくみ、だるさ、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹などの症状があらわれることがあります。

症状があらわれた場合は医師に相談しましょう。必要に応じて休薬することがあります。

眠気

眠気やだるさ、めまい、ふらつき、運動機能への影響があらわれることがあります。

車の運転や機械の操作は控えましょう。医師と相談した上で、あまりにも眠気がある場合には、眠気のでにくい薬に変えることもあります。副作用による症状そのものは薬の減量、中止によって回復するといわれています。

一般的な所要時間

治療期間:1週間程度
※服用期間は症状により異なります。

治療時間:数分

体験談件数

2/全55
6/全55

体験談評価平均

1.5/5.0

疾病平均2.2

2.3/5.0

疾病平均2.2

治療法を比較したら
自分に合う治療法を詳しく知ろう

治療法について、実際に質問してみる

上記以外の咽頭炎の治療法

参照元:(日本耳鼻咽喉科学会http://www.jibika.or.jp/citizens/daihyouteki2/nodo_disease.html(閲覧日:2016年2月18日),小児科臨床第64巻第12号日本小児医事出版社2011年2503-2509p,東京都感染症情報センターhttp://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/group-a/(閲覧日:2016年2月18日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2016年2月18日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

咽頭炎についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。

フリーワード検索からさがす