あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

喉頭内視鏡手術咽頭炎(のどかぜ)

概要

声帯にポリープなどがある場合は、喉頭内視鏡を用いて喉頭の状況を確認し、切開してポリープを切除することで原因を取り除きます。
手術は全身麻酔で行いますが、症状によっては局所麻酔で行うこともあります。
手術後はストロボスコープを用いて、声帯の機能に異変がないことを確認します。

他の治療法に比べての優位性

ポリープが確認され、投薬のような治療法だけでは処置し切れない場合には有効です。

実際に治療を受けた方が選択した理由

悪い部位を摘出しないと永久的に悩まされるからです。

留意すべきこと

全身麻酔を投与します。
多くは、数日の入院期間を要します。

実際に感じた効果

私は春夏秋冬問わず喉の痛みを伴う高熱を出していました。私の知識の浅はかなことによる掛かりつけの病院の通院は誤りであったと思いました。いつも病院に行くと先生に「また風邪ですね。高熱が出ているので解熱の注射を打ちましょう。それと抗生物質の薬とうがい薬を処方しますので必ず飲んで下さい」と言われました。結局注射を打ったり薬を飲んでも一時的な症状の緩和だけでした。なので咽頭内視鏡手術は私にとっては画期的な治療法でした。

副作用と対策

声帯の機能の停滞

手術の際に声帯を切開するため、回復するまでの間は声をだすことを控える必要があります。

医師の指示を守って安静にしていれば声帯は順調に回復することが多く、1週間程度は安静にしておくことが推奨されています。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

退院後は喉の痛みに対する薬は処方されましたがその薬の服用での副作用は無かったです。

費用

50,000~150,000円程度

実際にかかった費用

10万円位だったと思います。はっきり覚えておりません。

一般的な所要時間

入院期間:1週間~10日間程度

適用される患者

ポリープのような異変が存在し、手術で切除することが必要な方

下記の方は、注意が必要です。
高齢の方、糖尿病または高血圧症と診断されている方

更新日:2016年11月11日

参照元:(日本耳鼻咽喉科学会http://www.jibika.or.jp/citizens/daihyouteki2/nodo_disease.html(閲覧日:2016年2月18日),小児科臨床第64巻第12号日本小児医事出版社2011年2503-2509p,東京都感染症情報センターhttp://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/group-a/(閲覧日:2016年2月18日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2016年2月18日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

他の治療法をさがす

喉頭内視鏡手術以外の治療法をさがす

喉頭内視鏡手術と他の治療法を比較してみる

体験談をさがす

喉頭内視鏡手術の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

喉頭内視鏡手術についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。

フリーワード検索からさがす