あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

沈黙療法咽頭炎(のどかぜ)

概要

喉の酷使が原因と推定される場合は、発声に制限をかけて喉の負担を減らします。

他の治療法に比べての優位性

喉を安静にすることを心がけ、自然な回復を促すことができます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

費用もかからないし一番体に負担が少ないからそうするように指導を受けた

留意すべきこと

原因が細菌によるものなど原因の除去が必要な場合は効果があらわれないことがあります。

実際に感じた効果

診断を受けた時はすでに解熱しており状況報告と薬を処方してもらうために受診をした感じ。特に症状は自己治癒力と基本的な看護を行うことで改善した。

実際に感じた副作用

副作用は眠気がある程度であった。仕事に影響もあまりなかった

費用

※現在調査中です。

実際にかかった費用

3500円

一般的な所要時間

治療期間:1~2週間程度
※治療期間は症状により異なります。

適用される患者

喉に過度な負担がかかっていたと考えられる方

更新日:2016年10月26日

参照元:(日本耳鼻咽喉科学会http://www.jibika.or.jp/citizens/daihyouteki2/nodo_disease.html(閲覧日:2016年2月18日),小児科臨床第64巻第12号日本小児医事出版社2011年2503-2509p,東京都感染症情報センターhttp://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/group-a/(閲覧日:2016年2月18日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2016年2月18日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。