あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

吸入療法咽頭炎(のどかぜ)

概要

ネブライザー(吸入器、噴霧器)を使用して抗菌薬などを吸入し炎症を抑えます。
ネブライザーを用いるときは、まず鼻の詰まりを取り除いてから、専用マスクを口にあてて吸入します。
薬液の噴射が開始されたら、ゆっくりとした呼吸を意識します。

他の治療法に比べての優位性

患部に直接、薬液を噴射することができます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

本人希望により、職場、家族にも迷惑かけるので、早く喉の調子が良くなりたいからです。
特別な治療法ではありません。 誰でも受けられる治療法です。良い治療をいま模索中です。
耳鼻咽喉科での治療で、診察の流れで、吸入器の処置があるだろうと、最初から予測していました。

留意すべきこと

ネブライザーの使用中は、口腔内に薬液が含まれた唾液が貯留することがあり、飲み込むと副作用が発生することがあります。
唾液がたまってきたと感じたら、一時中断を申し入れて唾液を取り除きましょう。
ネブライザーで噴射する薬による副作用がおこることがありますので、予め確認しましょう。

実際に感じた効果

痛み止め(ロキソプロフェンナトリウム)とアレグラでだましだまし今を乗り越えている感じです。喉飴をたべてばかりで胃にもよくないです。早く良い治療法が見つからないかなと思っています。
喉の腫れが引いてきたのか、食べ物や飲み物も受け付けれるようになり、不快感が軽減した。痛みも引きいつもの日常に戻れた。
診察を受けて、薬を飲み切ったところで、もぉ、ほぼ完治していました。治らなければ、また来てくださいとの事でしたが、それきり、喉の痛みもなく、風邪のような症状もなく、今に至っております。

費用

※現在調査中です。

一般的な所要時間

治療時間:数分

適用される患者

すべての咽頭炎の方

使用する薬でアレルギー症状をおこしたことのある方は適応をさけましょう。

更新日:2016年11月11日

参照元:(日本耳鼻咽喉科学会http://www.jibika.or.jp/citizens/daihyouteki2/nodo_disease.html(閲覧日:2016年2月18日),小児科臨床第64巻第12号日本小児医事出版社2011年2503-2509p,東京都感染症情報センターhttp://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/group-a/(閲覧日:2016年2月18日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2016年2月18日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

吸入療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

吸入療法についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。

フリーワード検索からさがす