あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パーキンソン病

パーキンソン病とは

脳の黒質(こくしつ)という部分の神経細胞が変性、減少することにより、黒質で作られる神経伝達物質であるドパミンが減少し、脳が出す運動指令が筋肉にうまく伝わらなくなる病気です。その結果、手足のふるえやこわばり、動作緩慢(どうさかんまん)、小刻み歩行などの症状があらわれます。

症状と原因

はじめに手足の震えがおこります。筋肉が萎縮し関節の曲げ伸ばしがぎこちなくなり、歩行が困難になります。

体験談

体験談を見るにあたって

ドパミンの減少を防ぐため、年齢、既往歴、症状といったさまざまな要素をふまえた上で、薬物療法を実施します。また、運動機能に支障が見られる場合には、リハビリの一環として運動療法を取り入れることもあります。薬物療法や運動療法の効果が小さくなってきた場合や、薬による副作用が生じた場合には、手術での治療を検討する必要があります。

更新日:2017年05月15日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす