あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

パニック障害(パニック症、PD)の認知行動療法(精神療法)の体験談

パニック障害(パニック症、PD)の認知行動療法に関する体験談のみんなの体験をまとめています

このページでは、パニック障害の認知行動療法(精神療法)を経験された方の体験談を掲載しています。
やってみて出来たら自分を誉める。出来たところまでやったのだからいい。やればできると思えることで行動範囲が広がり、仕事に支障をきたした事はない。確かに辛いので、薬を増減させて長時間電車に乗る時は最大量服用するなど、頓服などを用意してもらいとにかく慣れることに徹した。やらねばならないことをする。それが自信になった。SSRIなどは体に合わず、他に選べなかったが断薬を考えると良かったかもしれないともう。現在も完治はしていないが、PTSDがあるので仕方がないと思う。 (10代以下女性)」や「抗不安薬を飲んでも、症状が出る時はでます。ですが、あるカウンセラーの方の「あるがままを受け入れる」という方法は、私にとっては「まさか!こんな恐怖を!?」と、ありえない気持ちでいっぱいでしたが、すがる気持ちでやってみると、本当にスーッと楽になるんです。こればかりは、やってみないことには、わからないと思います。症状をどうにかすることを諦める感覚に近いです。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-20件目を表示/全20件

認知行動療法(精神療法)とは

カウンセリングによって、パニック発作がおきても時間がたてば必ず治まり、生命にかかわることはないという知識を学びます。症状が落ち着いてきたら、パニック発作の克服のために暴露療法という治療法を行います。パニックに陥る状況をさけ続けると、いつまでも克服することができないため、パニック発作の引き金となる場所や状況に繰り返し慣れることで、恐怖感を消し去る方法です。具体的には、パニックになる状況にレベルをつけて1段階ずつ克服していきます。

認知行動療法(精神療法)の詳細はこちら

更新日:2016年11月29日

認知行動療法(精神療法)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

他に経験した治療法から体験談をさがす

パニック障害の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす