あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の認知行動療法(精神療法)の体験談

パニック障害(パニック症、PD)の「認知行動療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、パニック障害の認知行動療法(精神療法)を経験された方の体験談を掲載しています。
薬を飲んでさえいれば治るとは、思えませんでした。そして、なぜこのような症状がでるのかさえ分かれば、治す方法もわかると考え、自分で調べていくなかで森田療法を見つけました。不安感から逃れようとすればするほど、そこに向かう意識は強くなり症状も強く出る、感情は、同じものを感じ続けていれば次第に慣れていく。つまり、今ある不安はそのままにして、するべきことをするというその方法に、私はとても納得しました。もちろん症状が強いうちは急に元通りに行動することはできませんでしたが、それでも不安でどうしていいかわからない状態から、不安だけどどうすればいいかはわかる、という状態になれたのは、森田療法の考えを知ったからだと思います。それからは、これで治ると信じてその治療法を継続しました。 (20代女性)」や「薬を使い続けても、あまり効果が得られなかったり、ひどい頭痛に悩まされたり、薬をのむことで、仕事に支障がでたりしたので、薬ではなく、自分の行動パターンを記録し、どういったときに発作がおこるのか、どう対処すれば未然に防げるのかと考えて、発作の回数をどんどん減らしていきました。そして、この前は発作が起きなかったという自信から、徐々に同じような状況下に遭遇しても発作が起きなくなった。 (30代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-22件目を表示/全22件

認知行動療法(精神療法)とは

不安への対処を学び、不安を克服することを目的に行う精神療法です。パニック障害には、薬物療法と同等の効果があることが分かっています。認知療法、曝露療法などがあり、それらを組み合わせて行うのが一般的です。
認知療法は、不安の予兆に対し最悪の事態を予測してしまうクセに自ら気づき、パニック発作がおきても時間がたてば必ず治まり、生命にかかわることはないと自分に言い聞かせることによって認知の修正をはかる方法です。
曝露療法は症状が軽快してきたタイミングで行います。不安は避けているばかりではいつまでも克服できないため、敢えて不安を感じる状況や場所に身を投じ、慣れる練習を繰り返す治療法です。パニックになる状況にレベルをつけ、1段階ずつ克服していきます。多くの場合、不安は時間とともに自然に消えていきます。

認知行動療法(精神療法)の詳細はこちら

更新日:2018年01月30日

認知行動療法(精神療法)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

パニック障害の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす