あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の三環系抗うつ薬(TCA)の体験談

パニック障害(パニック症、PD)の「三環系抗うつ薬」に関する体験談をまとめています

このページでは、パニック障害の三環系抗うつ薬(TCA)を経験された方の体験談を掲載しています。
医師からの勧めでアモキサンにしました。費用も安価で、副作用も殆どありませんでした。 (40代女性)」や「アモキサンカプセルは比較的古い薬なんですが、当時はずっと家に居て、何もやる気がなく、気分が落ち込んで自傷行為を続けていたので、医師に、抗うつ剤を追加しますか?と言われて服用しました。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-2件目を表示/全2件

三環系抗うつ薬(TCA)とは

脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンの量を増やすことで、意欲を高め、気分を楽にする作用があります。
古くからうつ病の治療に使われてきた第一世代の薬で、SSRIが開発されるまではパニック障害の治療薬としても使われていました。
三環系抗うつ薬には様々な種類がありますが、主に「イミプラミン」「クロミプラミン」が使用されます。

三環系抗うつ薬(TCA)の詳細はこちら

更新日:2016年02月17日

三環系抗うつ薬(TCA)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

パニック障害の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす