あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)のSNRI(抗うつ薬、セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)の体験談

パニック障害(パニック症、PD)の「SNRI」に関する体験談をまとめています

このページでは、パニック障害のSNRI(抗うつ薬、セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)を経験された方の体験談を掲載しています。
何よりも1番心配だったかろうじて健康体を保っていた身体への服薬による副作用が少な目に抑えられつつ、パニック障害による嘔吐反射発作や過呼吸などの辛い症状を軽減させてくれるという事です。 (40代男性)」や「治療を開始した時点で注目されていたので、SNRIの併用療法を行いました。 (30代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-4件目を表示/全4件

SNRI(抗うつ薬、セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)とは

セロトニンを増加させることで不安を和らげ気分を楽にし、ノルアドレナリンを増加させて意欲を高めます。
抗うつ薬のひとつで、SSRIの効果がみられなかった場合や、副作用の影響が強い場合の第二選択薬として使用されます。
日本で認可されているSSRIには「デュロキセチン塩酸塩」「ミルナシプラン塩酸塩」「ベンラファキシン」があります。

SNRI(抗うつ薬、セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)の詳細はこちら

更新日:2015年10月20日

SNRI(抗うつ薬、セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

パニック障害の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす