治療ノートは、2020年1月30日をもってサービスを終了いたします。ご活用いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

パニック障害(パニック症、PD)のSSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

パニック障害(パニック症、PD)の「SSRI」に関する体験談をまとめています

このページでは、パニック障害のSSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)を経験された方の体験談を掲載しています。
医者にこちらの薬を勧められました。私の場合、不安が人よりも大きいというのが問題で、またパニック障害に使用されている薬だということだったので、その薬を使うことを了承しました。 (20代女性)」や「現在のところ服薬のみしかしておらず、これによりずいぶん改善しているからです。 (30代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-30件目を表示/全57件

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)とは

パニック障害において使用する抗うつ薬の中で、第一選択薬とされている薬です。
パニック障害をはじめとする不安障害はセロトニンの不足が原因のひとつと考えられています。SSRIはそのセロトニンを選択的に増やす作用があり、不安や緊張を和らげ、意欲を高めます。
SSRIにはいくつか種類がありますが、パニック障害に対して保険適応となるのは「パロキセチン」「セルトラリン」になります。

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の詳細はこちら

更新日:2017年11月13日

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談