あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

レキソタン:様々な薬を試した結果、一番自分にあっている気がしたからです。服用しないとすぐ高校生の頃にもどり不安などいろいろな症状がでてくるため服用効果があるのかと感じてます。 カウンセリング:私の話をきいてもらえる機会が他になかったため薬の効果よりも有効だと感じます。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:1992年4月

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

医療には限界があるうえ、私自身も若い10代から40代へとライフスタイルの変化やそれにともなう考え方や感じ方の変化があるから。

副作用

治療履歴

薬:レキソタン×3食後/日、ルボックス、セレネース、アキネトン、デパスなど
その他:カウンセリング

病気と症状について

大学からの帰宅途中に電車の中で息が出来なくなり、あと二分の乗車に耐えきれず、失神しそうになり、耳がきこえず視界が悪くなったのが初めての症状です。高校生の頃のPTSDが心にあり、一人で抱え込みすぎていたのが原因です。心の傷が身体へのサインとして出現したと考えています。パニック障害にまだ世間では全くといっていいほど知られていなかったので、自分で調べてわかりました。症状が体に顕在化したときには、どのくらい重症だったのか今でもわかっていません。最初の医師に詳細を説明しましたが、「パニック障害」とはいわれませんでした。
受診は、私の様子があまりにも暗いのと私自身が母に「しんどい」といったのがきっかけです。めまいや、腹痛、電車での発作の回数が多くなったため母に伝えたのだと思います。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

8月の暑い日、好きなミュージシャンのファンクラブイベントでラ...

(続きを読む)

初めは、仕事に出勤しようとすると、いろんな不安に見舞われるこ...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだか

レキソタン:様々な薬を試した結果、一番自分にあっている気がしたからです。服用しないとすぐ高校生の頃にもどり不安などいろいろな症状がでてくるため服用効果があるのかと感じてます。
カウンセリング:私の話をきいてもらえる機会が他になかったため薬の効果よりも有効だと感じます。

参考:他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由は...?

とにかくが人気の多い場所に外出するのが怖くなってしまっため、...

(続きを読む)

うつ状態で薬をいろいろと替えましたが、そのときの薬のように、...

(続きを読む)

他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由をもっと読む

ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは

脳にあり、不安をコントロールする不安中枢部位を抑制することで、不安や緊張感を和らげ、気分をリラックスさせる薬です。
抗うつ薬との併用が一般的ですが、抗うつ薬の効果がみられるようになれば、徐々に減量していきます。
主に「アルプラゾラム」「ロラゼパム」「ジアゼパム」などの種類があります。

「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

カウンセリング:①②では薬を私が拒絶したため服薬しませんでした。しかし大学通学にあたり薬の必要性を自身で感じ大学の学生相談へいき、臨床心理士に③の先生を教えてもらいました。
臨床心理士の人柄がなかったら、まずクリニックへいきたいと心を開けなかった。⇒臨床心理士の人柄を治療の情報として参考にした。
薬:医師と相談しながら、医師とお薬辞書を一緒にみながらと服用した感じを自分への情報として参考にした。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果について

20代の頃は効果があった、症状のみに集中していたらよい環境だったから。
30代は自分の仕事などプライベートをなんとかしなければと思っていたので、治療はあきらめたり、希望もったり、感情の起伏が治療に影響を与えていた為効果はまちまち。
40代は30代後半の心臓の症状などもあり、お守りとして薬をもっている感じ。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果は...?

デパスを飲んでリラックス状態になり、外出時の発作がとても怖か...

(続きを読む)

お薬以外では、セロトニン(脳内の伝達物質)の分泌を良くするた...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果をもっと読む

他に検討した治療法

認知行動療法

治療期間

治療期間:15年(パニック障害にかぎって)
服薬期間:22年(パニック障害と他の症状も加えて)

治療に関する費用

薬と通院:3000円から5000円

副作用について

足の中がかゆい。胃痛、一日中眠い、怠い。薬に過敏に反応していたので、すぐに副作用がでました。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用は...?

副作用は特にきになりませんでした。...

(続きを読む)

服用後の眠気がありましたが、下痢や腹痛を起こすことなく、過ご...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用をもっと読む

治療を受けた病院について

診察:①住友病院(初めての診察のみ)
②大阪大学附属病院
思春期外来(住友病院の医師が初日に②に来てくださいとおっしゃった)
③おちクリニック

パニック障害を患っている方へのアドバイス

長期間かかっても治癒に近い状態になれます。一人になりたいとき・一人では無理なときがあるからある程度人の意見も参考にして、孤立せず治療を受けてみてください。治療にあたっては医師も人ということを忘れずに。そして決して恥ずかしくないから家族内だけで秘密にしすぎないでほしいです。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

この不安が突然襲ってくる感覚や呼吸が苦しくなる感覚は経験した...

(続きを読む)

家族の理解あっての治療と、薬を飲んでいるから大丈夫っていうよ...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年08月21日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす