あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

医師に勧められたから

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2006年4月

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

薬を服用せずに生活ができるようになったので。

副作用

治療履歴

2006年5月
デプロメール錠25
1日1錠、
メイラックス錠1mg
1日1錠
メデポリン錠0.4
頓服
不安時

病気と症状について

花粉症とデスクワークで目と肩の疲労で体が疲れを感じていた4月下旬ごろ、勤め先の近くで、めまい・息苦しさで倒れてしまい救急車で運ばれてしまいました。病院では、血液検査・CT・心電図、異常なしと言われ、私も点滴をしたら3時間後ぐらいには体調がよくなったので入院することもなく自宅に帰りました。
その後、2,3日はめまいがしていたのですが、良くなってきていたのでただ疲れていただけなんだなって思っていました。
ところが、5月3日(ゴールデンウェーク後半突入)の夜に急にげっぷ出て、痰がからむような息苦しさに襲われたので、心配になり、夜間休日の診療所に行きました。そのときは、のどが少しはれているのでこちらのせいかもしれませんと言われ、風邪薬と痰の薬をもらい、自宅に帰りました。しかし、その発作的な息苦しさは何度かおき、ついに5月6日、いままでにない苦しさをで立てなくなり夫が救急車を呼び近くの総合病院に搬送されました。
もちろん今までの経過を説明し、肺のレントゲンはとっていなかったので検査してもらったのですが
、異常なし。きちんと酸素も空気も吸えているっと言う説明。先生は精神的ものかもしれないので、心療内科で受診してください。といわれました。一応次の日の休みということあり、発作が起こった時に飲む頓服薬をもらい、自宅に帰りました。
月曜日(5/8)に心療内科を受診した際に、全ての経緯を話しました。すると先生から「典型的なパニック障害ですね」
と診断されました。聞いた事はある病名だけど、私が・・・・って言う感じでした。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

それは突然の事でした。 普段から通っているラーメン屋で食事...

(続きを読む)

2015年春 背骨の中心の痛み、背中の筋肉の痛み、腰痛、肩...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだか

医師に勧められたから

参考:他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由は...?

それまでは薬をのむのもあまり得意ではなかった。飲むことに対し...

(続きを読む)

できるだけ少ない薬の量で治療を進めていきたいと思っていたので...

(続きを読む)

他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由をもっと読む

ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは

脳にあり、不安をコントロールする不安中枢部位を抑制することで、不安や緊張感を和らげ、気分をリラックスさせる薬です。
抗うつ薬との併用が一般的ですが、抗うつ薬の効果がみられるようになれば、徐々に減量していきます。
主に「アルプラゾラム」「ロラゼパム」「ジアゼパム」などの種類があります。

「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」の概要

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果について

パニック障害と診断されて1年間は仕事を休みました。薬を服用し続ける事に抵抗があったが、頓服薬に頼りながら、自分の行きたいところや楽しいことはしました。電車、人込み、美容院などで発作が起こりそうなこともあったけど、頓服を飲んだら大丈夫だったのでこの薬を持っていれば大丈夫という安心感が持てました。薬とも上手に付き合うも大事な事だと実感しています。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果は...?

結局のところ薬投与ではなく、先生とのカウンセリングが一番いい...

(続きを読む)

病院では投薬の治療と半年に1度の血液検査でした。異常はないか...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果をもっと読む

治療期間

1年間薬を服用続け、半年かけて断薬していきました。

治療に関する費用

治療費ははっきり覚えてません。

副作用について

4か月ほど服用続けている間、良くなったと思い医師の相談せずに勝手に断薬し、ひどいパニック発作に襲われた。断薬は勝手に行うものではないっと反省した。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用は...?

吐き気 眠気 イライラ感 倦怠感...

(続きを読む)

薬の数や量も少なかった為か副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

パニック障害は数日で治る病気ではないです。根気がいるし、周りの理解も必要です。何より自分の体が今どうなっているのか自分の体と向き合ってみてください。体を酷使していないか、ストレスをためていないか、不規則な生活をしていないか。少しづづでいいので体にいい事をしてあげてください。今までと同じ生活をしていては長引くだけだと思います。でも、無理はしないでください。そして、薬とも上手に付き合ってください。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

まず第一に言えることは、家族や友人の理解を得られるかどうかだ...

(続きを読む)

私自身メンタルは強いと思っていましたし、明るく社交的で飲んだ...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年04月17日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす