あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

中でもジェイゾロフト錠は副作用が少ないと言われていたことも決め手となりました。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2010年12月
SSRIジェイゾロフト錠

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

治療を開始して1年以内に、生活に支障がない程まで症状が改善したため満足できました。治療に時間がかかり金銭的に負担があったため、費用がもう少し抑えられればより良かったと思いました。

副作用

治療履歴

2010年12月から、ジェイゾロフト錠25mg、デパス0.5mg(頓服)での治療を開始しました。
2011年1月からジェイゾロフト錠を50mgに増量、2011年7月に心療内科に転院し100mgまで増量しました。

病気と症状について

10代の頃から、歯科・美容室のシャンプー台などの拘束される場所や身動きのとれない場面で心拍が速くなり、不安感に襲われるという症状がありました。20代になってから通勤の電車や仕事中にパニック発作が起きるようになり、仕事に支障を来したため内科を受診しました。
心電図検査・血液検査に異常がなく、様々な分野に詳しい総合診療医からパニック障害と診断されました。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

私もパニック障害があり、抗うつ剤、抗不安薬を服用しています。...

(続きを読む)

上長の判断で歳上の先輩より自分がリーダーとしてチームで仕事を...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜSSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)を選んだか

SSRIを使用することで脳内のセロトニンを増やすことができるため、抗不安薬のみで症状を抑えるよりも効果的であると考え選択しました。中でもジェイゾロフト錠は副作用が少ないと言われていたことも決め手となりました。

参考:他の人がSSRIを選んだ理由は...?

速効性がありました。飲みはじめた翌日にはスッと気持ちが落ち着...

(続きを読む)

現在のところ服薬のみしかしておらず、これによりずいぶん改善し...

(続きを読む)

他の人がSSRIを選んだ理由をもっと読む

SSRIとは

パニック障害において使用する抗うつ薬の中で、第一選択薬とされている薬です。
パニック障害をはじめとする不安障害はセロトニンの不足が原因のひとつと考えられています。SSRIはそのセロトニンを選択的に増やす作用があり、不安や緊張を和らげ、意欲を高めます。
SSRIにはいくつか種類がありますが、パニック障害に対して保険適応となるのは「パロキセチン」「セルトラリン」になります。

「SSRI」の概要

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の効果について

治療開始後2ヶ月程で効果を感じ始め、半年程で仕事や外出時の不安がほぼなくなりました。2013年11月に治療が終了し3年以上経ちましたが再発はなく、完治していると言える状態です。

参考:他の人が感じたSSRIの効果は...?

服用を開始して数日で、睡眠が深くなりました。飲みはじめた翌日...

(続きを読む)

心療内科の薬によって、次第に緊張がなくなっていきました。外出...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの効果をもっと読む

治療期間

治療開始時の増薬・終了に向けての減薬の期間も含めて約3年かかりました。途中で転院したため最高量まで増薬するのに半年以上かかりましたが、通常は数週間ごとに段階的に増やしていくのが一般的なようです。治療終了が決まってからは2週間ごとに25mgずつ減らしていき、完全に廃薬になりました。

治療に関する費用

1日100mgの場合、3割負担で1ヶ月3500円程度かかりました。薬代の他にも心療内科の診察に1400円程度かかりました。

副作用について

治療開始後1週間から2週間の間に便秘になりましたが、その後改善されました。

参考:他の人が感じたSSRIの副作用は...?

ありませんでした。...

(続きを読む)

はじめは吐き気、長期にわたって寝汗です。...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

パニック障害の症状が出始めても、最初は病気なのか気持ちの問題なのかがわからず悩み、受診することを躊躇していました。しかし受診したことで自分が治療を受けるべき体調だということがわかったのと、パニック発作に耐えることがさらに大きなストレスとなって自分の心身を傷めていることに気がつきました。ただ薬を飲めば治るというものではありませんが、パニック発作が頻発する状態の時には無理をせず薬に頼るのも良いことだと思います。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

私は元々心配性でした。だからこそこのような病気にかかってしま...

(続きを読む)

早くとにかく病院にいくこと。同じように苦しんだ人がこんなに来...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年04月11日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす