あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

3年で、鬱もパニック障害もだいたいよくなりました。しかし、鬱は完全には治っていません。ひどくストレスがたまると、3ヶ月に一回くらい、軽い鬱になります。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:1997年6月

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

薬物療法だったので、薬に頼ってしまうことが、続きました

副作用

治療履歴

鬱とパニック障害の薬を医師からもらいました
抗不安薬
レキソタン
抗うつ剤
ルジオミール

病気と症状について

まず、頭が重くて身体が疲れていて、動くのが辛くそれでも無理して仕事に行って行っていました。
ある日、満員電車に怖くて乗れなくなり、ホームに倒れました

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

最初は満員電車に乗るのが苦しいと感じる程度で、やがて閉鎖的で...

(続きを読む)

子供も夫も三人ノロウィルスにかかり、最後に私だけが治りきらず...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだか

親からの進め

参考:他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由は...?

妹の場合、突然不安になる予兆みたいなものがあると言っていまし...

(続きを読む)

20代女性の家族(この人の治療体験)

副作用もなく身体への負担が軽かったため印象に残りました。不安...

(続きを読む)

他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由をもっと読む

ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは

脳にあり、不安をコントロールする不安中枢部位を抑制することで、不安や緊張感を和らげ、気分をリラックスさせる薬です。
抗うつ薬との併用が一般的ですが、抗うつ薬の効果がみられるようになれば、徐々に減量していきます。
主に「アルプラゾラム」「ロラゼパム」「ジアゼパム」などの種類があります。

「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

うつ病になったら、読む本

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果について

3年で、鬱もパニック障害もだいたいよくなりました。しかし、鬱は完全には治っていません。ひどくストレスがたまると、3ヶ月に一回くらい、軽い鬱になります。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果は...?

最もの原因である職場でのストレスが解消されていなかったという...

(続きを読む)

20代女性の家族(この人の治療体験)

薬を飲み始めてからまったく発作がでないわけではありませんが、...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果をもっと読む

他に検討した治療法

ヨガが欝にいいと聞いて、やりました。鬱やパニックの症状がかるければ、ヨガなどでよくなることもありますい

治療期間

3年

治療に関する費用

1ヶ月 5000円くらい

副作用について

喉がかわく、ハイな気分になるなどです

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用は...?

副作用はなく、日常生活ができていました。...

(続きを読む)

20代女性の家族(この人の治療体験)

副作用はなかった。...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用をもっと読む

治療を受けた病院について

渋谷区 市橋クリニック 心療内科

パニック障害を患っている方へのアドバイス

鬱やパニックは、ストレスからなることが多いから、とりあえず、ゆっくり休むことが大切です。
無理して、仕事を続けることは、病気の悪化になります。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

パニック障害というと「パニック」という言葉の印象から、症状が...

(続きを読む)

まず、主治医の先生に思っていること考えていることを全部話して...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年09月12日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす