あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

自分の生活環境の話しをした上で、先生からのアドバイス、テレビや体験者の話も参考にし、この治療方にきめました。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2005年10月

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

先生、看護師さん共に、身体や生活面を気遣って下さり、毎回、マメな情報交換、病状の重度を考慮した投薬、アドバイスをしてくれるからです。

副作用

治療履歴

抗不安剤、サインバイタカプセル30㎎、ガスモチン5㎎、エチゾラム0.5㎎、フルニトラゼパム2㎎。
経過観察。
サインバイタカプセル30㎎、エチゾラム0.5㎎、クアゼパム20㎎。
経過観察。
サインバイタカプセル30㎎、リーマス200㎎、エビリファイ3㎎にジプレキサ2.5㎎、クアゼパム20㎎。
経過観察。
上記にデパス1㎎追加。
経過観察。
薬変更。
ワイバックス0.5㎎ロラメット0.1㎎、スルピリド50㎎。

病気と症状について

まず、症状は、突然やってきました。
意味もわからず涙が出てきたり、ちょっとしたことで、激昂してり。
しだいに、一人では行動ができなくなり、話す言葉も支離滅裂になっていきました。
当初、妊娠中であり、その影響と思っていましたが、おかしいと感じた、当時の主人(現在離婚)に連れられ、病院へ行くことになり、診察室でも落ち着かず、震え、話もできない状態から、パニック障害と診断されました。
入院もすすめられましたが、妊娠中、上にも小学生の子供がいたこともあり、入院はしませんでした。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

突然、不安がひどくなり発作やめまい動悸が激しくなり自分がなん...

(続きを読む)

2015年5月、通勤で満員電車に乗ると、吐き気や過呼吸を起こ...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだか

自分の生活環境の話しをした上で、先生からのアドバイス、テレビや体験者の話も参考にし、この治療方にきめました。

参考:他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由は...?

その時はとにかく薬を飲んだら治ると思っていた 副作用などは...

(続きを読む)

他のお薬はなかなか効いた実感がなかったのですが、デパスは飲ん...

(続きを読む)

他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由をもっと読む

ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは

脳にあり、不安をコントロールする不安中枢部位を抑制することで、不安や緊張感を和らげ、気分をリラックスさせる薬です。
抗うつ薬との併用が一般的ですが、抗うつ薬の効果がみられるようになれば、徐々に減量していきます。
主に「アルプラゾラム」「ロラゼパム」「ジアゼパム」などの種類があります。

「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

よく覚えていませんが、テレビでの情報、知り合いの体験者からの話、知り合いの看護師さんからの話を聞きました。
とにかく、色々な情報を集めていたのを覚えています。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果について

発症してから、今も投薬療法をしています。その都度、私の話を聞き、出して下さる薬の効き目を実感しております。

現在は、ピークは過ぎたものの、不眠症気味であり、感情のコントロールがむずかしい時がありますが、定期的な通院により、改善に向けて、頑張っております。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果は...?

薬を飲み始めて、動機などが治るようになった 人の多いところ...

(続きを読む)

服用した後15分以内にぼうっとし始め、眠くなって全身が弛緩し...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果をもっと読む

他に検討した治療法

SSRI,リラックス療法といって、機械を使い、身体の緊張をほぐす、マッサージのようなやり方。

治療期間

治療期間:11年(現在に至る)

治療に関する費用

診察費用10000円(1ヶ月) 薬剤:5000円(1ヶ月)

副作用について

薬を飲むと、だいたい、1時間後あたりから眠気がきたり、倦怠感がありましたが、特に多きな副作用はなかったと思います。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用は...?

飲み始めた直後からボーっとする 集中力がなくなる...

(続きを読む)

飲んだ後ふらつき・眠気がひどく、頭が回らなかった。ただ、眠く...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用をもっと読む

治療を受けた病院について

投薬療法、岡医院。

パニック障害を患っている方へのアドバイス

発症してから、今も投薬療法をしています。その都度、私の話を聞き、出して下さる薬の効き目を実感しております。

現在は、ピークは過ぎたものの、不眠症気味であり、感情のコントロールがむずかしい時がありますが、定期的な通院により、改善に向けて、頑張っております。

治療に専念する上で、経済的不安は必ず出てきます。

また、それが病気を悪化させてしまう場合も考えられます。

経済的不安は、先生や役所に相談する事で解決出来ます。

私の経験が参考になれば幸いです。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

みなさん精神的な薬は最初は不安に思うと思いますが、辛い時には...

(続きを読む)

精神科や心療内科、抗不安薬には抵抗のある方も多いかもしれませ...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年08月21日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす