あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

薬の長期服用は難しいとの事だったので、一人になる時間帯に寝るように、睡眠導入剤を飲んで寝る環境を作りました。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2014年10月
ベンゾジアゼピン系抗不安薬メイラックス錠1mgと、ひたすら1人ぼっちになる時間を減らしました。

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

一回目の診察で薬が出なく、悪化したことは確かにつ辛かったですが、その後は理解ある先生にあたり、「どちらとも言えない」と選択しました。
また、医師がその当時の彼氏に私の病状を説明してしまい、結果手に負えずとのことで別れてしまったので、それは医師のプライバシー問題だと思いました。

副作用

治療履歴

2014年11月2015年2月まで:、朝・夜1回メイラックス錠1mg、寝る前マイスリー錠5mg

病気と症状について

初めは、仕事に出勤しようとすると、いろんな不安に見舞われることから始まりました。電気は消したか、窓は閉めたか、玄関の鍵は閉めたか…。また、当時、実家のあるところよりも南に車で2時間くらいかかるところに引っ越ししたこともあり、初回の診断では、環境の変化によるものだとの事でカウンセリングのみでした。
その後、隣駅であっても電車やバスに乗ることができなくなってしまい、1ヶ月後くらいに乗りものに乗っているのも辛く、呼吸することも辛いので…と説明し、環境の変化によるパニック障害と深刻されました。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

それは突然の事でした。 普段から通っているラーメン屋で食事...

(続きを読む)

2015年春 背骨の中心の痛み、背中の筋肉の痛み、腰痛、肩...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだか

薬の長期服用は難しいとの事だったので、一人になる時間帯に寝るように、睡眠導入剤を飲んで寝る環境を作りました。ひとりぼっちというのが辛かった為、アルバイトも近所で行う事にし、自宅にすぐに何かあっても戻れる環境を作りました。
また、家族といる時間は寝ないように心がけ、環境をガラリと変えるように生活リズムを変えました。
今現状は、電車やバスなどに乗っての移動もできるようになっていますし、

参考:他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由は...?

それまでは薬をのむのもあまり得意ではなかった。飲むことに対し...

(続きを読む)

できるだけ少ない薬の量で治療を進めていきたいと思っていたので...

(続きを読む)

他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由をもっと読む

ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは

脳にあり、不安をコントロールする不安中枢部位を抑制することで、不安や緊張感を和らげ、気分をリラックスさせる薬です。
抗うつ薬との併用が一般的ですが、抗うつ薬の効果がみられるようになれば、徐々に減量していきます。
主に「アルプラゾラム」「ロラゼパム」「ジアゼパム」などの種類があります。

「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」の概要

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果について

その後は、他に女性特有の病気を併発し、ホルモンバランス崩れによる、また同一治療を度々行い、経過観察中ではありますが、仕事にさしつかえることではないため、その点は安心して治療できています。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果は...?

結局のところ薬投与ではなく、先生とのカウンセリングが一番いい...

(続きを読む)

病院では投薬の治療と半年に1度の血液検査でした。異常はないか...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果をもっと読む

治療期間

治療期間に関しては、現在も経過観察中ですが、実家に戻ったこともあり、良好です。

治療に関する費用

だいたい、1ヶ月分で2000円前後だったと思います。基本ジェネリック希望していた為、正確な金額がわかりません。

副作用について

眠気は酷かったですか、生活に差し支えることはありませんでした。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用は...?

吐き気 眠気 イライラ感 倦怠感...

(続きを読む)

薬の数や量も少なかった為か副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

家族の理解あっての治療と、薬を飲んでいるから大丈夫っていうような自己暗示が必要だと思います。
今は、理解ある彼氏の元、家族にもすぐ会える状態の中で生活しています。時たま、パニックになり泣き出すことはありますが、それでも支えてくださる家族がいるおかげだと思ってます。
まだ、この先も、同じような症状で続くことは予想されますが前向きに治療に向けて動きたいと思います。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

まず第一に言えることは、家族や友人の理解を得られるかどうかだ...

(続きを読む)

私自身メンタルは強いと思っていましたし、明るく社交的で飲んだ...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年11月28日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす