あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

現在のところ服薬のみしかしておらず、これによりずいぶん改善しているからです。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2015年3月
SSRI服薬

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

症状は改善していますが、薬なしで治せれるとよっかったと思ったからです。

副作用

治療履歴

2013年4月セファドール錠25mg、アデホスコーワ顆粒20%
2014年5月ツムラ小建中湯エキス顆粒、ツムラ苓桂朮甘湯エキス顆粒
2015年3月レクサプロ錠10mg、ルネスタ錠1mg
2016年1月パロキセチン錠20mg、ルネスタ錠1mg

病気と症状について

2013年4月に朝急に激しいめまいがして、立ち上がれなくなりました。数時間しても治らず、近所の内科を受診しました。その際は、メニエールだろうといわれ、薬を処方してもらいました。しばらくは家でおとなしくしていたのですが、子どももいたので、外出することも多々ありました。あまりに深く考えたり、するとめまいがする気がして、ゆったりと過ごすことを心がけましたが、2014年5月に今度は運転中に激しい動機、じっとしていられない状態になり、また同じ近所の内科を受診しました。すると良性発作性頭位めまい症といわれ、同じ薬を処方してもらいましたが、今度はよくならず、病院の待合にも入れない程ソワソワしてじっとしていられなくなってきました。
知り合いに紹介してもらった、漢方を使って治す内科へ行くと、自律神経失調症と言われました。そして漢方を処方してもらいました。子どもと二人きりになると緊張し、落ち着かなく、息がしにくくなるので、ほとんど外に出ていました。しかし車や新幹線なども乗れず、建物内も落ち着かないので、公園などを中心に出かけていました。公園でも動悸がすることがあったのですが、知り合いにあって話をしだすといつの間にか落ち着いていました。
漢方も効いたのか効いていないのかわからないくらいで、2014年12月に総合病院にて脳や心臓、耳鼻科など、しっかり調べてもらいましたが、原因不明でした。そこで、2015年3月に心療内科を受診し、パニック障害と診断されました。薬はいくつか変わりましたが、今では緊張したり外出できないということは、ほぼなくなりました。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

それは突然やってきました。ある時、電車に乗って彼氏と出掛ける...

(続きを読む)

仕事でトラブルが続き、大きく環境が変わった時に胸の痛みが始ま...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜSSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)を選んだか

現在のところ服薬のみしかしておらず、これによりずいぶん改善しているからです。

参考:他の人がSSRIを選んだ理由は...?

ジェイゾロフトはパニック症候群などの治療に1番使う薬だそうで...

(続きを読む)

選んだわけではありませんが、離婚後悪化したため、入院して病院...

(続きを読む)

他の人がSSRIを選んだ理由をもっと読む

SSRIとは

パニック障害において使用する抗うつ薬の中で、第一選択薬とされている薬です。
パニック障害をはじめとする不安障害はセロトニンの不足が原因のひとつと考えられています。SSRIはそのセロトニンを選択的に増やす作用があり、不安や緊張を和らげ、意欲を高めます。
SSRIにはいくつか種類がありますが、パニック障害に対して保険適応となるのは「パロキセチン」「セルトラリン」になります。

「SSRI」の概要

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の効果について

心療内科の薬によって、次第に緊張がなくなっていきました。外出もしんどければ無理をせず、ゆったり過ごし、しっかり睡眠をとるようにし、気づくと緊張していないことが増えていきました。まだ、100%緊張しないわけではないので、薬は飲んでいますが、これから徐々に薬を減らしていくといわれています。

参考:他の人が感じたSSRIの効果は...?

1週間ほど体に合うかを見るためにも飲んでみましたが、体に合っ...

(続きを読む)

パニックは治りましたが、その後に違う病気があることに気が付き...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの効果をもっと読む

治療期間

1年半

治療に関する費用

薬代月額:2000円

副作用について

はじめは吐き気、長期にわたって寝汗です。

参考:他の人が感じたSSRIの副作用は...?

薬が自分の体に合っていたので副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

20㎏太った。服が着れない。お金がかかった。食欲がなくフラフ...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

もともと、薬には抵抗がありました。また、まさか心療内科で自分の症状が治まるとは思っていなかったので、しんどいのであれば何事も挑戦してみるとよいかと思います。自分がしんどいだけでなく、家族も心配だと思うので、気持ちをゆったり、無理せずにお医者さんにしっかり相談してみるとよいと思います。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

デプロメールは一度服用し突然辞めると症状が悪化してしまうとい...

(続きを読む)

抗不安剤の飲むことに抵抗はありましたが、飲んだ結果、気分が晴...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年11月21日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす