あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

パニック障害の症状を抑えるのに有効な薬の1つだったので、治す為に必要だと判断し、この治療法を選びました。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2014年6月
SSRIジェイゾロフト25mg

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

凄い劇的に何かが変わったということはなかったですが、パニック発作の起きる頻度が減ったことは嬉しかったです。予期不安も強かったですが、「あ、発作になりそう」ってなった時も、酷いことになることがなくなりました。元の自分に戻っていく感じが少しずつですがわかったように思います。

副作用

治療履歴

2014年6月:ジェイゾロフト25mgスタート
2015年12月:ジェイゾロフト25mg服薬終了

病気と症状について

仕事をしている時、急に泣くことが増え、心療内科を受診しました。
受診した時は「泣く」という症状のみだったのですぐに診察が終わり、特に何もなく終診となりました。そこから次は寝つけない・朝方目が覚めて眠りにつけない・動機・集中力の低下など、様々な症状が出てくるようになり、なんなんだろうと悩みながら過ごしていました。
ある時、私の中でストレスの許容範囲を超えた出来事が起こりました。デスクに座っていることができず、トイレに駆け込むと、泣き叫び、身体が強張り、呼吸が出来ず意識が朦朧とし、自己分離感に襲われ、私はこのままだと「死ぬ」と思うぐらいの発作が起きました。
どうにかして冷静にならないと思うとそれを拒むようにまた発作が起き、の繰り返しでトイレから30分出ることができませんでした。それから発作が頻繁に起きるようになり、酷い時はデスクに座るだけで起きていました。
家族に相談し、総合病院の精神科に受診。パニック障害という診断で治療をスタートしました。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

8月の暑い日、好きなミュージシャンのファンクラブイベントでラ...

(続きを読む)

初めは、仕事に出勤しようとすると、いろんな不安に見舞われるこ...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜSSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)を選んだか

パニック障害の症状を抑えるのに有効な薬の1つだったので、治す為に必要だと判断し、この治療法を選びました。

参考:他の人がSSRIを選んだ理由は...?

費用が他の治療より安かった。...

(続きを読む)

心療内科の先生がお薬を一緒に選んでくれるので初めての私は言わ...

(続きを読む)

他の人がSSRIを選んだ理由をもっと読む

SSRIとは

パニック障害において使用する抗うつ薬の中で、第一選択薬とされている薬です。
パニック障害をはじめとする不安障害はセロトニンの不足が原因のひとつと考えられています。SSRIはそのセロトニンを選択的に増やす作用があり、不安や緊張を和らげ、意欲を高めます。
SSRIにはいくつか種類がありますが、パニック障害に対して保険適応となるのは「パロキセチン」「セルトラリン」になります。

「SSRI」の概要

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の効果について

私は一体どのような病気でどういうことになっているかということで更に不安が強くなっていたので、総合病院の精神科にかかった時、「パニック障害です」とハッキリ言ってくださったのはとてもありがたかったです。
ジェイゾロフト25mgを処方していただき、職場もそれと同時に退職。予期不安が治るまでは自宅療養をしていたました。
始めは副作用の眠気で1日ボーっとしていることがあったので、診察時に相談し、朝食後に変更。その後眠気は収まりましたが、仕事のことなど思い出すと軽い発作が起きていました。
家族のフォローもあり、治療開始から半年後には職業安定所に外出できるようになり、再就職することへの抵抗を減らしていきました。すると、発作も徐々になくなり、治療から1年経って再就職となりました。
仕事を開始してから半年間は様子を見ましょうということで服薬していましたが、2015年12月完治ということで服薬終了しました。

参考:他の人が感じたSSRIの効果は...?

パニック発作が起きた時の頓服薬として、パキシルとソラナックス...

(続きを読む)

効果はすぐには出ないのですが小さな事で泣く回数が減りました。...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの効果をもっと読む

治療期間

治療期間:1年6か月

治療に関する費用

診察代:1420円 お薬代:1730円(薬の日数によって変動)

副作用について

喉の渇きが出ると処方された日に説明がありました。実際飲んでみると喉が渇き、頻繁にお茶や水を飲んでいました。なお、ずっと続いていたわけではなく、服薬後1週間~2週間ぐらいで収まりました。また、眠気が酷かったです。
服薬は夕食後だったのですが、眠気が酷く朝起きることが困難で、頑張って起きたとしてもふらふらして立つことができませんでした。その後医師と相談し、朝食後に変更し、眠気の副作用は改善されました。

参考:他の人が感じたSSRIの副作用は...?

パキシルを飲んでもパニック発作は治まらなかった。副作用はひど...

(続きを読む)

副作用は朝のだるさ身体がバランスが取れなくなって走ったのです...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

心の病気に薬物治療は抵抗がある方が多いと思います。私も服薬していて劇的に変わった!という実感はなかったです。でも、発作が治まったのはこの薬のおかげだと思っています。
また、薬物治療だけではなく、どういう場面で発作が起きるのか、ということを理解しておくことも大切です。発作が起こらなくなってきたことを「よかった!ここまでできた!大丈夫!」と自分自身に話しかけて自信をつけていく。そうすると大きな発作が減っていくと思います。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

この不安が突然襲ってくる感覚や呼吸が苦しくなる感覚は経験した...

(続きを読む)

家族の理解あっての治療と、薬を飲んでいるから大丈夫っていうよ...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年11月21日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす