今まさに、あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

パニック症(パニック障害、PD)の体験談

負担が少ない、依存があまりない。

患者との関係:家族患者:20代男性治療時期:2012年8月
抗不安薬リーゼ
満足度

基本は自分が強くならないといけない。薬や病院に頼りっぱなし、期待してはいけないと思った。

副作用

治療履歴
関連する治療法:抗不安薬

処方箋のみ。マイスリーとハルシオン、リーゼ。

病気と症状について

仕事が忙しく、昇進、人間関係でピリピリしている様子でした。
円形脱毛が見られ、夜中、寝ている最中でも仕事の業務内容を無意識に復唱していて疲弊しているようでした。
次第に通勤で使用する電車に乗っていられなくなり、一駅ごとに降りて休憩し、なんとか生活するためにお金を稼いでいる状態でした。病院で実家に帰るように勧められたそうですが、身内にはその当時病状を隠しており、帰ると聞いたたとき、激をとばしてしまったことに後悔しています。
なんとか、薬を飲みながら耐え、結婚、出産し、今は安定した生活を送ることで回復したようです。

なぜ抗不安薬を選んだか

負担が少ない、依存があまりない。

治療法を決めるために参考にした情報

家族にうつ病患者がいたため、薬の副作用を参考にした。

抗不安薬の効果について

服薬をきちんと行い、睡眠がきちんととれるようになった。
自分の状況を把握し、悪化するようなことは控えた。
結婚、出産することで、自信をもち、回復できたようだ。

他に検討した治療法

抗不安薬

治療期間

半年

治療に関する費用

通院、処方箋4000円程度

副作用について

自信過剰になってしまうような気がした。

パニック症を患っている方へのアドバイス

表情がひっ迫してて、トイレも頻繁に行っていた。
ちょっと変だなと思っていたが、当時見逃してしまった。
本人のキャパオーバーにさせないようにしたい。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差があります。

掲載日:2015年08月14日
気になる点を報告

パニック症について実際に質問してみる

パニック症の体験談をもっとさがす

抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

パニック症に関する質問