あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

本人の、体に負担が軽かったので、これにして治療していきました…。

患者との関係:家族患者:30代男性治療時期:2015年3月

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

特に、本人に負担も、軽いようでしたので良かったです…。

副作用

治療履歴

病気と症状について

急なことがあるもので、ある日突然ですが、変な状態になり病院にいきました…。私たちは、サッパリ分からずなにがおこったのか…とゆー思いでした…。重症ではないようでしたので安心しました…。医者からは、薬での治療と言われました…。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

初めて症状が出たのは、1999年12月でした。バイト中体調が...

(続きを読む)

その日は少し寝不足で朝から動悸がするなあと感じていました。な...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだか

本人の、体に負担が軽かったので、これにして治療していきました…。

参考:他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由は...?

半分に割って、量を調節することも出来てつかいがってが良かった...

(続きを読む)

不安感に襲われても、メイラックスを飲むと心が落ち着くため。ま...

(続きを読む)

他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由をもっと読む

ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは

脳にあり、不安をコントロールする不安中枢部位を抑制することで、不安や緊張感を和らげ、気分をリラックスさせる薬です。
抗うつ薬との併用が一般的ですが、抗うつ薬の効果がみられるようになれば、徐々に減量していきます。
主に「アルプラゾラム」「ロラゼパム」「ジアゼパム」などの種類があります。

「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」の概要

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果について

現在、何年目かになりますが、本人には負担が軽いようです…。薬での治療でしたが…。家族のものも安心感で一杯です…。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果は...?

何故か緊張して、汗をかいてしまうとか、動悸がして息が詰まるよ...

(続きを読む)

通院初めは毎晩飲むよう指示されました。2ヶ月ほど経過してから...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果をもっと読む

治療期間

入院して1ヶ月です…。

治療に関する費用

費用は、かかりません。

副作用について

副作用はなかったです…。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用は...?

初日から眠気がありました...

(続きを読む)

効果が切れると、分かりやすく不安感に襲われます。...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

急なことがあるもので、大変ですが、皆で協力しました…。大変だとは思いますが、頑張ってください…。決してあきらめないことだと思います…。ゆっくりと焦らずに、皆で団結して治療に取り組んでいってほしいと思います…。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

パニック症は早期に治療を受けることで治りも早いのだと思います...

(続きを読む)

パニック障害は不安が原因で過呼吸や動悸を引き起こします。症状...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年09月12日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす