あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

服薬した薬の中でいちばん体への作用がはっきりと実感できたからです。気分の浮き沈みが抑えられ、感情が穏やかになることで過呼吸などの発作が出る頻度も少しづつ減っていきました。副作用として食欲低下と眠気がやや強く出ました。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2008年8月
SSRIパキシル錠

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

効果がある反面、食欲不振や眠気等の副作用が出たからです。そして、減薬する際に離脱症状として倦怠感や吐き気がありました。

副作用

治療履歴

2008年8月から デパス錠1mg。デパスは私にはあまり効きませんでした
2008年10月から パキシル錠20mg、メイナックス0.4mg
2011年12月から パキシル10mgへ減薬、メイラックスを止める。新たにソラナックス0.4mg(発作が出る時のみ)
2013年4月以降 ソラナックス0.4mgのみ

病気と症状について

パニック障害になったのは21歳~26歳頃です。最初は電車に乗っている時や自転車に乗っている時など、外出中に頻繁に息苦しさを感じる程度でした。次第に電車の中で過呼吸や手足のしびれが出るようになり、気を失って救護室へ運ばれたこともありました。乗り物に乗ることを避けるようになり、症状に対する不安と恐怖で抑うつ状態がひどくなり気分の落ち込みが激しくなりました。薬による治療と認知行動療法、精神的に安心できる環境(私の場合は実家でした)での休養のおかげで現在は日常生活に支障がない状態まで回復しています。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

初めて症状が出たのは、1999年12月でした。バイト中体調が...

(続きを読む)

その日は少し寝不足で朝から動悸がするなあと感じていました。な...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜSSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)を選んだか

服薬した薬の中でいちばん体への作用がはっきりと実感できたからです。気分の浮き沈みが抑えられ、感情が穏やかになることで過呼吸などの発作が出る頻度も少しづつ減っていきました。副作用として食欲低下と眠気がやや強く出ました。

参考:他の人がSSRIを選んだ理由は...?

医者にこちらの薬を勧められました。私の場合、不安が人よりも大...

(続きを読む)

副作用が一番少なく、多くの人に効果がある薬だったから。...

(続きを読む)

他の人がSSRIを選んだ理由をもっと読む

SSRIとは

パニック障害において使用する抗うつ薬の中で、第一選択薬とされている薬です。
パニック障害をはじめとする不安障害はセロトニンの不足が原因のひとつと考えられています。SSRIはそのセロトニンを選択的に増やす作用があり、不安や緊張を和らげ、意欲を高めます。
SSRIにはいくつか種類がありますが、パニック障害に対して保険適応となるのは「パロキセチン」「セルトラリン」になります。

「SSRI」の概要

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の効果について

飲み始めは副作用の食欲不振と眠気が強く出ましたが、1か月経過から食欲が少し回復したと同時に、気分の落ち込みが軽くなって気持ちがフラットな状態を維持できているのが感じられました。症状がしばらく安定したため減薬を始めましたが、離脱症状の倦怠感やイライラ、吐き気などに苦しみました。減薬しては元の量に戻し、落ち着いたらまた減薬…何度か繰り返しなんとか完全に断薬することができました。

参考:他の人が感じたSSRIの効果は...?

パキシルは、段階を追って投薬を増やしました。効果が現れると不...

(続きを読む)

最初は副作用が強かったが、1ヶ月ほどでおさまった。半年は効果...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの効果をもっと読む

治療期間

治療期間:6年

治療に関する費用

薬剤:2000円(1か月分)

副作用について

飲み始めた日から吐き気と食欲不振が出て体重が4キロ落ちてしまいました。同時に眠気と頭がボーっとする症状が出ました。吐き気は1か月ほどで無くなりましたが、眠気は服薬期間ずっとありました。

参考:他の人が感じたSSRIの副作用は...?

段階的に投薬を減らしたので、副作用は想定内のものでした。...

(続きを読む)

飲みはじめて次の日 倦怠感 頭痛 吐き気 目眩 腹...

(続きを読む)

他の人が感じたSSRIの副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

従来の抗うつ薬に比べ効果が大きく副作用が少ないとされるSSRIですが、人によって合う・合わないがあり副作用が出る方もいます。減薬・断薬に時間がかかるので、焦らずゆっくり治療に向き合うのがポイントです。カウンセリングや認知行動療法など、薬だけに頼らない治療方法を個人個人で探っていくことも大事だと思います。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

パニック症は早期に治療を受けることで治りも早いのだと思います...

(続きを読む)

パニック障害は不安が原因で過呼吸や動悸を引き起こします。症状...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年03月31日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす