あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

パニック症の場合どうしても同じ状況になったら又あの苦しさが襲ってくるのではないかという不安からその行動から避けてしまいます。その同じ状況が1つならまだいいのですが例えばいくつも出てきてしまった時生活に支障が出てしまいます。本当なら患者としては薬だけで治っていってもらいたいのが本音ですがこの病気は自分の気持ちの切り替えが出来るようになる事も大切なので、同じ状況になってもどう対処できるかそれを自分自身で行動して治療していかなくてはならないという事が大切な治療というのが印象です。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2011年4月
認知行動療法認知行動療法

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

どうしても自分だけだと同じ状況を避けてしまうのですが、治療となれば克服にむけて頑張ろうという気持ちになれます。
その気持ちの持ち方自体が前に進めているので満足です。

副作用

治療履歴

始め暫くは薬物療法のみでした。
SSRIの「パキシル」を30mg服用。
それから発作の頻度が減ったところで認知行動療法を開始。

病気と症状について

いつもの何も変わらない日常生活の中の事。
テレビを見ながら朝ご飯を食べていた時、急に心臓が「ドキッ」と音を立てた。
食べる箸の動きが止まり、一瞬何が起き始めたのかわからない中体から血の気がどんどんひいていくのがわかり、それと同時に冷や汗をかきはじめ尋常じゃない程の動悸が始まった。
呼吸が荒くなり吐き気にめまい、震えに痺れが一気に体を襲いこのまま死んでしまうと思いすぐ親に連絡して来てもらう。すぐかかりつけの精神科に連れていかれ鎮静剤の点滴を打たれすぐ落ち着いたがこの時はパニック障害とは診断されなかった。
それから又数日してから同じ朝又ご飯を食べている時に同じ事が起きた。
その時の死んでしまう程苦しくて病院に連れて行ってもらったがこの時は病院に着いた頃には殆ど症状は落ち着いていた。以前から違う病気で精神科にかかっていたのでその医師には「最近体調が不安定なんだね」とだけ言われ頓服として安定剤を処方されただけで帰宅。
その頃から頻繁に同じような事が起こるようになったので自分でネットで調べ「パニック症」だと確信した。
なのでかかりつけの医師にその事をはなしたらおそらくそうだろうと言われ治療が始まった。

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

朝の通勤の際、満員電車に乗ると過呼吸と吐き気を起こすようにな...

(続きを読む)

私もパニック障害があり、抗うつ剤、抗不安薬を服用しています。...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ認知行動療法(精神療法)を選んだか

パニック症の場合どうしても同じ状況になったら又あの苦しさが襲ってくるのではないかという不安からその行動から避けてしまいます。
その同じ状況が1つならまだいいのですが例えばいくつも出てきてしまった時生活に支障が出てしまいます。
本当なら患者としては薬だけで治っていってもらいたいのが本音ですがこの病気は自分の気持ちの切り替えが出来るようになる事も大切なので、同じ状況になってもどう対処できるかそれを自分自身で行動して治療していかなくてはならないという事が大切な治療というのが印象です。

参考:他の人が認知行動療法を選んだ理由は...?

わたしは病気というよりパーソナリティーに問題があったため、投...

(続きを読む)

他の人が認知行動療法を選んだ理由をもっと読む

認知行動療法とは

不安への対処を学び、不安を克服することを目的に行う精神療法です。パニック障害には、薬物療法と同等の効果があることが分かっています。認知療法、曝露療法などがあり、それらを組み合わせて行うのが一般的です。
認知療法は、不安の予兆に対し最悪の事態を予測してしまうクセに自ら気づき、パニック発作がおきても時間がたてば必ず治まり、生命にかかわることはないと自分に言い聞かせることによって認知の修正をはかる方法です。
曝露療法は症状が軽快してきたタイミングで行います。不安は避けているばかりではいつまでも克服できないため、敢えて不安を感じる状況や場所に身を投じ、慣れる練習を繰り返す治療法です。パニックになる状況にレベルをつけ、1段階ずつ克服していきます。多くの場合、不安は時間とともに自然に消えていきます。

「認知行動療法」の概要

認知行動療法(精神療法)の効果について

まだ行動認知療法を始めて短いので効果の程はさほど変わりないかと思います。
この病気は本当にゆっくりゆっくり良くなっていく病気ですので焦らず避けてきて状況をチャレンジして、そして失敗しても落ち込まないようにしていく事が大切だと思います。

参考:他の人が感じた認知行動療法の効果は...?

認知行動療法はパニック障害を治すだけでなく、自己コントロール...

(続きを読む)

他の人が感じた認知行動療法の効果をもっと読む

治療期間

現在治療中。
5ヶ月経過。

治療に関する費用

特に治療費はかかっていません。

副作用について

薬物療法ではないので体にでる副作用はありませんが、精神的な面ではダメージは結構大きいです。

参考:他の人が感じた認知行動療法の副作用は...?

とくになかったです。...

(続きを読む)

他の人が感じた認知行動療法の副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

パニック症は経験した人しかわからない苦しみです。
そして本当にゆっくりゆっくりと良くなっていく病気ですので焦らずこの病気と向き合う事が大切です。
きちんと薬を適切な量服用する事もとても大切ですが、それと同時に避けてしまう状況に向き合う事も良くなっていく過程で避けられない治療の一つなんだと理解する事が大切です。
何度も苦しい思いをすると思います。
けれど
「又あの苦しみが襲ってきたらどうしよう」ではなくて
「又あの苦しみが襲ってきてもなんとかなるさ。死んでしまう訳でもないんだから。結果私生きているし」
と気持ちを切り替えて同じ状況にチャレンジする事が大切だと思います。
必ず良くなる日が来るのだと信じて一歩一歩前に進んでいきましょう。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

症状が出てからしばらくは、吐き気が強かったため内科を転々とし...

(続きを読む)

私は元々心配性でした。だからこそこのような病気にかかってしま...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年03月29日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

認知行動療法(精神療法)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす