あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

パニック障害(パニック症、PD)の体験談

私には当初の心療内科での抗うつ剤やSSRIでは強かった事と、体の不調が他にも原因があることから、体の不調を治すことを先決に、同時に不安を取り、安眠できるという方法を選択したいたしました。総合病院に転院したことで全身管理ができ、耳鳴りや、めまいなどは起立性低血圧、メニエール病、突発性難聴などそれぞれ別の病から来ることでした。なので私にはSSRIや抗うつ剤では体にはきつく反応がでてしまったようで、精密検査をしていただいたことでそれぞれの薬を少しずつ強いから弱いに変え強いものは頓服として出され、行動療法を行う際、発作が出たら服用するという手段を選びました。体にいちばん合った治療法だったからです

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2008年7月

パニック障害とは

不安障害の1つです。理由もなく突然、動悸やめまい、発汗、吐き気、手足の震えといったパニック発作があらわれることで、生活に支障が出ます。
死んでしまうのではないかと思うほどの不安に襲われ、次の発作が心配になることで発作がおこりやすい場所や状況を避けるようになります。

パニック障害の症状

満足度

この病気はいろいろなことが原因で起こります。またちょっとしたことで再発もします。
上手にお薬と付き合っていかなくてはいけないからです。
それをしっかり教えてくださった事、精神疾患だけでなく精神疾患の原因を総合病院で検査していただけたこと
行動療法をリハビリ科で見ていただけたこと。

副作用

治療履歴

2008年7月
アモキサン25mを一日3回、ソラナックス0.4m一日3回、ムコスタ一日3回(かかりつけの心療内科にて)
2008年7月
点滴ソルデム24時間、パキシル10m
デパス0.5m
ムコスタ、オメプラゾン
ガスモチン
(転院先総合病院にて)
2008年7月上記、パキシル服用後、30分後めまい、嘔吐、痙攣でパキシル中止翌日よりジェイゾロフトに変更
ジェイゾロフトに変更後もめまい、不安にての震え、吐き気が治まらず、精密検査と薬剤の適正検査を行いました
2008年7月中旬
投薬変更
検査結果、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、起立性低血圧、メニエール病、パニック障害は嘔吐恐怖症、広場恐怖症からくるもの、心身症にて頭痛、肩こり、食欲不振、脱水症状のため下記へ変更
起立性低血圧→メトリジン
メニエール病→メロスロン、ビタミン16、トラベルミン(ストレス心身症で三半神経の弱りが見られたため広場恐怖症、車や乗り物の行動療法で乗り物酔いを防ぐため)
胃潰瘍
タガメット(2週間夜1回)ムコスタ、点滴ソルデムにプリンペラン24時間点滴→オメプラゾン(朝、晩)に変更ムコスタ、プリンペラン(頓服吐き気食欲不振時)
パニック障害→デパス0.5m2錠を朝、昼、晩
ソラナックス0.4
朝、昼、晩
就寝前ロヒプノール
退院後も5年間は
オメプラゾンがガスターD20に変更(まれにネキシウムカプセルとガスモチン)、デパス、ムコスタ、ロキソニン、ソラナックス、突発性難聴が出たときにはメリスロン、ビタミン16を服用

病気と症状について

パニック障害、心身症、嘔吐恐怖症
食事がとれなくなり、脱水症状、痙攣、不安からくる吐き気、生理不順などから大きな総合病院へかかりつけ病院から救急車で搬送。
入院治療をしないと、パニック障害だけでなく、胃潰瘍、摂食障害なども起こす可能性が高いとかかりつけ医から判断され診断書を書かれ救急車で病院から病院へ搬送

参考:パニック障害にかかった他の人の症状は...?

息苦しさ、めまい、電車に乗っているだけで、体験したことのない...

(続きを読む)

それは突然やってきました。ある時、電車に乗って彼氏と出掛ける...

(続きを読む)

パニック障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだか

私には当初の心療内科での抗うつ剤やSSRIでは強かった事と、体の不調が他にも原因があることから、体の不調を治すことを先決に、同時に不安を取り、安眠できるという方法を選択したいたしました。
総合病院に転院したことで全身管理ができ、耳鳴りや、めまいなどは起立性低血圧、メニエール病、突発性難聴などそれぞれ別の病から来ることでした。
なので私にはSSRIや抗うつ剤では体にはきつく反応がでてしまったようで、精密検査をしていただいたことでそれぞれの薬を少しずつ強いから弱いに変え強いものは頓服として出され、行動療法を行う際、発作が出たら服用するという手段を選びました。
体にいちばん合った治療法だったからです

参考:他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由は...?

体調が少しよくなってきてから常に飲む薬を減らして、不安時にだ...

(続きを読む)

仕事中に眠くなってしまうのはこまるが、不安になってしまうのも...

(続きを読む)

他の人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を選んだ理由をもっと読む

ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは

脳にあり、不安をコントロールする不安中枢部位を抑制することで、不安や緊張感を和らげ、気分をリラックスさせる薬です。
抗うつ薬との併用が一般的ですが、抗うつ薬の効果がみられるようになれば、徐々に減量していきます。
主に「アルプラゾラム」「ロラゼパム」「ジアゼパム」などの種類があります。

「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」の概要

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果について

全身の検査の上いろいろな病気が心身症、パニック障害の原因であることがわかりました
長年薬を服用し、行動療法、認知療法を行いましたが、一番は周りの人間が理解して、「平気だよそんなの皆あること。気持ち悪くなれば吐いて良いんだよ、うちらがかくしてあげるし、介抱してあげる。それは誰でもあること。人酔いも、車酔いも体調悪ければだれだってなるんだよ」と言ってくれたことが。薬を減薬できるきっかけでした。
きっと友達、両親、ご主人などの理解協力、その些細な言葉(君はおかしくない、誰でもあることなんだ)という言葉で自分は病人じゃないと自信を持てたのだと思います。
パニック障害は自分は普通にできるという自信が一番の治療です。
そのサポートは周りのみなさんと主治医との相性だと思います。
現在は出産のときに再発をしてしまいましたが、職場の上司や仲間に恵まれ、復帰へ向けて回復に向かっています。
お守りにデパスとソラナックス、ロキソニン、ガスター、プリンペラン、トラベルミンは薬ケースに入れてありますが、生理前以外では飲む機会も少なくなりました。
少しずつでも散歩をすること、外の風に当たること、友人や両親、ご主人などには隠さず話理解をしてもらうことが一番の治療です。
最近の企業も人事部などが精神疾患に関しても理解をしている会社が多数あります。隠さず会社の保健師や産業医を利用して無理なく仕事をするのも自信をつけるひとつです。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果は...?

緊張で倒れそうになったときに、水なしでもいいからその薬を口に...

(続きを読む)

2010年3月からレクサプロとセルシンを併用することで、安定...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果をもっと読む

治療期間

入院二ヶ月
投薬、行動療法
5年間

治療に関する費用

入院8万円 投薬月8千円

副作用について

デパスでは眠気だけです

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用は...?

副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

すこし眠くなる程度で大きな副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用をもっと読む

パニック障害を患っている方へのアドバイス

薬は強ければいいわけではありません。
精神科や心療内科だけでなく総合病院の精神科、心療内科に行き全身の管理や検査薬物の適合など調べてもらうことが必要だと思います。
また最近は心の病も各企業や周囲も認知度が高くなっていますし、誰にでもなることです。
自分だけが特別おかしいと思わず、できることから最初は自宅の周りの散歩だけでもいいです。できたら今日は1週できたんだ!と達成感がでてきて自信に繋がります、ダメそうなときは無理をせずお休みしましょう。
そして一人では自信ないときは、ご家族や、友人に付き添ってもらうのも手段です。
大事な親友や家族に丁寧に病気を話、もしくはご家族は医師から説明をしてもらい特別ではないことを知ってもらい協力してもらいましょう。
弱い薬でも十分に周りの協力などで回復に繋がります。一人で抱えるのでなく恥ずかしがらず、総合病院の診療内科や精神科を訪ねてみてください。そして家族や、彼氏、会社などにも恥ずかしがらず相談し、協力してもらい、できることから少しずつ初めていくといいです。
このご時世自宅で仕事のできる企業もあります。
そういう会社への転職をするのもひとつの手段ですし、傷病給付金をもらいながら投薬行動認知療法に努めるのもいいと思いますよ。

参考:パニック障害を経験した他の人のアドバイスは...?

お仕事や家事などで、忙しく、どうしても寝てばかり居られない人...

(続きを読む)

デプロメールは一度服用し突然辞めると症状が悪化してしまうとい...

(続きを読む)

パニック障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年03月29日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

パニック障害の体験談をもっとさがす

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす